ネットワーキング

スウェーデン式ティータイム「Fika」は最強のネットワーキングツール

スウェーデンにはFikaと呼ばれるティータイムがある。
そして、このFikaがネットワーキングのツールとして最強だという話をしたい。

と言っても難しい決まりごとはなく、コーヒーを飲んで軽く喋る、それだけ。とっても気軽。この感覚は大阪でいう「お茶しばきに行こか」くらいのの感じ。気持ち的には、「別にスタバでも家でもいいけど、ちょっと話さへん? 最近どうよ? 」という、お茶を飲むのがメインではなく、あ

もっとみる

好きで創る私らしいキャリアの育て方

”キャリア×学び×繋がり”というコンセプトで毎月実施しているCareer Design Cafe。今月は”好きで創る私らしいキャリアの育て方”というテーマで開催しました。

今回は大手企業で会社員の仕事を楽しみながら、パラレルキャリアでも多方面で活躍中の浜本晴菜さんをゲストにお招きし、パラキャリをスタートさせる上での最初の一歩の始め方や、会社員との両立のコツなどについて具体的にお話いただきました。

もっとみる

ツタヤのないカナダでは本の試食をしている

本日書くこと

海外在住者でも蔦屋書店の話題書にアクセスできる方法があるよという朗報

---

蔦屋書店で働いていた頃、フェア台と呼ばれるところにベストセラー商品や話題書がこんもりと積まれていた。

フェア台は毎日ちょこちょこと更新される。

いわば常に最新情報やトレンドにアクセスできる場所だ。

お問い合わせも多いため、書店員はフェア台に何が並んでいるのかを注意深く観察していた。

私は勤

もっとみる

隣の席のおっさんと気が付いたら仲良くなれるカナダおもしろい

カナダは

全く知らない人と話すきっかけが生まれる率たかいなぁと思う

こないだバスに揺られてたんだけど

急ブレーキで乗客がおっとっとってなったとき

隣のおっさんが

「この市バスまじ急ブレーキ多いよなぁ。ねえ?」

みたいな感じで話しかけてきた。(w)

「そうなんですか?私ここに来て1週間だから知りませんでした」

「え?そうなの?」

「はい、日本から来ました。一年有効のビザで。今仕事探

もっとみる

アジアスーパーでの心の声を聞いてほしい

昨日の夕方お散歩がてらに近所の
とあるアジアスーパーに行ったのだけれど

その時の心の声を聞いてほしい

まず、カートではなく

かごにころころが付いていて、スーツケースを引っ張る感覚で買い物した。

前に押す系じゃなくて、
後ろから引っ張る系、だ。

斬新だなあと思いながらカートを引っ張っていた。

すると、私の後ろから大きなクラクションが鳴った。

大量の水を運ぶお兄さんが颯爽と通り過ぎてい

もっとみる

トロント2日目 友達を作りに行く

トロント2日目はとにかく新しい町を冒険したいという衝動に駆られて、歩いて、歩いて、歩き尽くした。

異国の地で、繋がりもなく、仕事もなく、これから住む場所を探すような、本当にまっさらな状態でスタートを切るのは人生で初めてで

これからの環境を1から自分で手配していくスリル感に、ふつふつとワクワクを感じている。

正直このビザはU30で、お金を払って手順に従えばよっぽどじゃない限り誰でも申し込めてし

もっとみる
やったー!いいねしてくれてありがとうございます(*^^*)!
25

現地(トロント)で携帯を契約する

現地(トロント)へ到着してまず始めにやるべきことの1つに、携帯電話の契約がある。

携帯電話が無いと履歴書に連絡もしてもらえない、インスタが開けない(泣)ということでトロント生活開始2日目に、契約してきました。

■トロントで携帯電話の契約

私はPhone boxというところで契約しました。

▼住所

1240 Bay St # 305, Toronto, ON M5R 2A7

路面店と

もっとみる

どうやって空港でワーホリビザ貰うの?

(結論からいうと想像の5倍は簡単だった)

さてさて、ついにトロントに渡航する日がやってきた。

朝6時にLyft(Uberより少し安い送迎サービス)を予約して空港に向かった。

フライトは午前8時40分。ニューヨークからエアカナダの機内に乗り込み、まぶたを閉じて、開いた頃にはもうカナダに着いていた。

▲可愛いスナックとりんごジュースを貰った

今日はワークパーミットビザとSINナンバー(働く

もっとみる

結局自分らしさを追求した人は無敵だと思った

NY2日目、6月30日は偶然にもプライドパレードの最終日だった。

ニューヨークはプライドパレード元祖の地。今年2019年は50周年記念らしく、メトロでは虹色のアイテムを身につけた人で溢れており、色んな言語が飛びがっている。きっと世界中からこのパレードを祝福するためにやってきたのだろう。

こんな機会めったにないから、

最も世界で大規模なパレードの一つを目撃するために

街へ繰り出してみることに

もっとみる
やったー!いいねしてくれてありがとうございます(*^^*)!
56

JAL国際線機内レポート

「こちらの手違いで、エコノミークラスの人数が超過しているので、プレミアムエコノミークラスに移動していただくことは可能ですか?」

“より”快適な長距離フライトは
幸せな手違いにより始まった。

G20サミットと伊丹空港からの渡航日がまさかの丸かぶりで心配していたけど、なんとか羽田ーニューヨーク便に飛び乗ることができた。

国際線でJALを利用したのは初めてなので
とっても新鮮だった。

今は空の上

もっとみる