ハマカーン

[カバー漫才] ハマカーンがまんじゅう大帝国の名作漫才「登山」をカバーしたら…

神田伸一郎:最近僕,登山にはまってまして…

浜谷健司:いいじゃないですか登山。山に登るほうの「とざん」でしょ?

神:それしかないでしょ「とざん」って。他にもあるの?「とざん」って。最近流行りの美容グッズ?

浜:ないよ,「とざん」なんて名前の美容グッズ。俺は美容グッズとか興味ないんだよ。いいんだよこれはつかみなんだから。サラッと流してくれれば

神:あ〜お前の話はいつものようにサラッと流せばい

もっとみる
オチ屋です。ちゃんと落とすよう,評判は落とさぬよう,精進いたします
3

[カバー漫才] 和牛がハマカーンの名作漫才「やきそば」をカバーしたら…

水田信二:我々学園祭とかで漫才させていただくこともあるんですけどね…

川西賢志郎:ありますね〜

水:学園祭の屋台で売ってる食べ物って,軒並みまずいじゃないですか

川:何言うてんねんいきなり。そういうとこやねん。お前が嫌われんのは。料理人風吹かすな

水:いやだって,ほんまのことやから。特にやきそばね

川:そんなことないやろ。あれはあれで美味いて。僕は結構やきそば買いますよ

水:お金を払っ

もっとみる
いろんなものを落とすのがオチ屋です。運転免許は2回落としました
5

「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法

現状では,「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立できているコンビはそれほど多くはありません。それが見つかれば,M-1の決勝戦進出も夢ではないと思います。

「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立できたコンビには,ある共通点があります。例えば,ハマカーンやナイツやブラックマヨネーズなどは,明らかに「漫才スタイル」に関して迷っていた時期があります。でも,「あること」に気がついてスタイルを変

もっとみる
好きな球種は,フォークとスプリットと縦スライダーです
6

[漫才] りきし(当て書き:ハマカーン)

浜谷健司:学生時代に得意な科目ってありましたか?

神田伸一郎:僕は「りきし」が得意でしたよ

浜:力士?

神:「りきし」が大好きな学生でしたからね

浜:学生で力士好きって珍しくない?

神:確かにみんなは休み時間に外で野球したりサッカーしてる中,僕はいつも教室で「りきし」の教科書読んでるような学生だったからね,ちょっと珍しいかもしれないですね

浜:力士の教科書なんてあるの?

神:そりゃあ

もっとみる
「落ちましたよ」と声をかけてください。財布を落としたときは特に
4