ポリニャーノアマーレ

レッチェのへ帰路 & 美しい夕景

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.14>

ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)から、レッチェ(Lecce)に帰る時。

往路と同様、モノーポリ(Monopoli)駅で列車を乗り換えます。
ここで、列車運行の掲示板を見ると、「60分遅れ」「90分遅れ」と、今からの列車は、全て大幅な遅延との表示が。
イタリア鉄道の遅延は、日常茶飯事なので、またか…と思うの

もっとみる
めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
4

ポリニャーノ・ア・マーレ白亜の街並

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.13>

ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)の街を散策しましょう!

街の起源は、紀元前4世紀とも言われ、ローマ(Roma)からの伸びるアッピア街道(Via Appia)の終着地ブリンディシ(Brindisi)間を結ぶ街道上にあるポリニャーノは、古代ローマ時代から重要な商いの取引拠点だったそうです。

アルコ・マルキサ

もっとみる
Grazie !感激です!✨
7

【レストラン情報】ポリニャーノ・ア・マーレでの昼食

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.12>

ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)での昼食は、事前にチェックしていた、美味しいシーブードが食べられるレストランへ。

洞窟レストランではないですが、オープンテラスがあったので、テラス席で頂くことにしました。

テーブルセッティングも素敵…。
早速、お薦めを聞いて、注文です!

「スモークサーモン・バターソース

もっとみる
Grazie!ありがとうございます!🍀
4

ヴォラーレ!!(ジプシー・キングス)

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.11>

ドメニコ・モドゥーニョ氏(Domenico Modugno)。
ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)の有名人です。
誰?と思われる方も…。

皆さまご存知、ビールのCM局にも使われているジプシー・キングスが歌う「ヴォラーレ(Volare )」。
この原曲「Nel blu dipinto di blu(青く塗られ

もっとみる
Grazie !感激です!✨
6

ポリニャーノ・ア・マーレの美しい海

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.10>

この日は、レッチェ(Lecce)から、アドリア海に沿って、100㎞北西へ。
ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)に向かいました。

レッチェ発 → バリ(Bari)行きの鉄道で、停車するものもありますが、
私が乗車した列車は停まらなかったので、ひとつ手前のモノーポリ(Monopoli)で下車。
ファサーノ(Fa

もっとみる
Grazie!ありがとうございます!🍀
5

レッチェでの朝食➀パスティッチョット

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.9>

レッチェ(Lecce)の朝。
部屋から見えるドゥオーモの鐘楼の周りには、ツバメが沢山飛び交っています。

この日も、雲ひとつない晴天。
朝、この空を見れると、ぐぐっと、気持ちにギアが入りますよね。
朝の準備時には、いつもの、テレビ・ニュース番組で、お天気もチェック。

この日は、6/28(金:Venerdi)。
レッチェは、長靴のヒール

もっとみる
めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
7

2019年南イタリア旅行記スタートです!

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.1>

6月下旬から、2週間。
南イタリアを、巡ってきました。
今回の旅程は、下記の通りです。

飛行機で、プーリア州の州都・バリ(Bari)に入り、滞在地は4ヶ所。

・レッチェ(Lecce:プーリア州)
・マテーラ(Matera:バジリカータ州)
・サレルノ(Salerno:カンパーニャ州)
・ナポリ(Napoli:カンパーニャ州)

サレ

もっとみる
Grazie!ありがとうございます!🍀
9