前戯の大切さ

メイクラブのために欠かせない前戯について。前戯というのは、本番前の戯れであろうか。
どうも、こちら系統の投稿が続いている。まぁいい。

何故前戯が大事なのか。分離感をなくし信頼関係をつくる必要があるからだ。
何故そんなことが必要なのか。肉体で生きてる僕らはどうしても分離感を持ってしまっているのだ。分離感。自分と相手は違うという感覚だ。当たり前の感覚だ。その分離感を取り除く行為が前戯なのである。

もっとみる

メイクラブとセックス

メイクラブとセックス。似て非なるもの(だと思っている)。同じ性行為であるが中身は全く別物である。これは全くの僕の勝手な考えである。

愛というのは地球に生きる上で最大のテーマだと思うが、僕の認識としては、愛とは「繋がり」「一体」「調和」そういったものだ。それを感じるのがメイクラブである。

日本ではセックスというと性行為の意味でほぼ使われるが、英単語のSexは性別、つまり別けるという意味。そう捉え

もっとみる

不随意の性的興奮についての真実(TED)

こんにちは!鋭意制作中のこんにちは世界ですこんにちは。…鋭意、制作中ですが、皆さんをちょっぴり驚かせるような読書体験の仕掛けを模索中。読み慣れた人にこそ「なんだこれは」と思ってもらえるような、何かが欲しい。うーん、うーん…どうか気長に、お待ちください…。

さて、今回は本当にただの小文です。最近、琴線に触れた二つのTED Talks をご紹介。

という…ええと、創作書き手の皆さんは、自分の書いた

もっとみる

快楽の違い

今日もGスポットのお話です。

私は4年間エクスタシーなし→Cでのエクスタシー→半年後にVでのエクスタシー(Gスポットの開発成功)という道筋をたどりました。

最後のGスポットまでの4年半+アルファの道のりは、今思えば決して無駄ではなく、Gスポットでの感度を底上げするのに役に立ったのでは?と推測しています。

私の場合、Gスポットを刺激されると「人格崩壊級」の快楽が押し寄せてきますが、今日はこの理

もっとみる

征服されるのが嫌なら

Gスポットの話の続きです。

私はCでのエクスタシーを得るようになってから、さらに半年くらいかけてV(膣)でもエクスタシーが得られるようになりました。たぶん、この時が「Gスポットが開花した」時なのだと思う。

つまり私の場合は、「エクスタシーが先で、次にGスポット」という順でした。パートナーとのセックスで、定期的なエクスタシーが得られない場合は、いくら熱心にGスポットを探してもむだになるかもしれな

もっとみる

秘密の快楽スイッチ

私は女性のエクスタシーに関する考察をnoteで書いている。

そしたら避けて通れないのが「Gスポット」だと思う。

女性の皆さん、Gスポットお持ちですか?ちゃんと自覚していますか?

今回から何回かに分けて、Gスポットについて私が知ったことを書いていきます。

最初に声を大にして言いたいのは、「みんな、Gスポットは誰にでもあるよ!でも閉じてるかもしれない。開くといいことたくさんあるよ!」です。

もっとみる

5年目のエクスタシー

崇志と愛し合って4年間ほど、私はエクスタシーを自覚できなかった。

でも私はセックスには満足していた。

そりゃ今の身体と比べてどうか?といわれると、確かに今の方が良いのだけど、「いけなかったセックス」は決して悪くて価値がないものではなかった。

そして5年目になってはじめてエクスタシーを自覚できた。

たしか崇志に指でCを愛撫してもらった時のことで、「いまいけたみたい」と報告した時の崇志の幸せそ

もっとみる

行ったり来たり

私が崇志とベッドで愛し合う仲になってから4年ほどは、はっきりしたエクスタシーがなかった。

C(気を使ってズバリは書きません)を優しく撫でられても絶頂の2歩手前みたいな状態が長く続き、峠を越えることはなかった。

崇志と一つになるとVに刺激を受けて気持ち良くはなるのだが、やはりこれも絶頂の手前で足踏みしてしまう。私はいつも私の中で果ててぐったりと覆いかぶさってくる崇志を抱きしめ、ひとりさびしく見送

もっとみる