【旅エッセイ86】東京攻略(4)ダイバーシティ東京

太陽は好きだ。晴れた夏の日差しの下を歩いているとそれだけで楽しいし、流れる汗と一緒に悩みも流れていくような気がする。

7月に入ってから、東京はずっと曇りと雨が続いていた。「いつになったら晴れるかな」なんて思っていたら昨日は久々の晴れ。これは外に出るチャンスだと外へ飛び出した。

行き先は、お台場。



東京テレポートで降りて、ダイバーシティ東京へ。いつからお台場を「ダイバーシティ東京」

もっとみる

ゴールの仕方〜Brisbane Trail Ultra編

Run boys! Run girls! のブログが話題になってたことで、それに便乗する体験記です。

 7/9、千葉の船橋駅で起きた人身事故の影響で、乗ろうと思っていた成田エクスプレスが大幅に遅延。京急を使って千葉を抜け、東京をやり過ごし、神奈川の自宅まで向かう長い車中を利用して、連続ツィートした内容を補足しながら追記します。

 ブリスベンの中心部から10kmほど離れたナショナルパークを舞台

もっとみる

レインボーブリッジを歩こう

梅雨って七月に入ったらすぐに明けるものだと27歳になっても相変わらず思ってしまう。今年の夏は冷夏になるのだろうか。

蒸し暑くなる少し前の季節がいい。夜風がまだほんの僅かに冷たく感じるくらいの。
日が沈む前、田町で待ち合わせをしてレインボーブリッジを歩いて渡るのだ。コンビニで飲めないお酒を買っちゃう。空きっ腹にお酒は良くないか。でもまぁいいや。スミノフ片手に芝浦を目指していく。

風が強く吹いてい

もっとみる

知ってました?レインボーブリッジが歩けること。

車だけが通れるイメージが有るかもしれませんが、あの橋は歩けるんです。
知ってる人も多そうですが、意外と知らない人も多いみたいですね。
車が通る道路の両端にそれぞれ遊歩道が有り、フジテレビが有るお台場方面、東京タワーが有る都内方面をそれぞれ眺めることが出来ます。

今でもたまに歩きますが、一時期都内側からレインボーブリッジを歩き、
お台場で夕食(マックとか)をとり帰る、という流れを楽しんでいました。

もっとみる

レインボーブリッジ

タイトルの画像は、1990年頃だと思うのですが当時大学生だった私が、お台場行きの水上バスの上から撮った写真です。

この時、レインボーブリッジは工事中で橋桁がまだかかっていませんでした。映画の「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」で主演の広末涼子さんがタイムマシンで昔のバブル経済の時代へ行った時、建設中のレインボーブリッジの風景が目の前に広がっているのですが、まさに、その頃の写真です。

調

もっとみる

実はここ↑歩いて渡れちゃうんです――「中本のエモいこと探し 第4回」

※この記事は2018年12月4日にJブックスの公式サイトで公開されたものを転載した記事です。 

 こんにちはー! 編集部中本です!

 今回はレインボーブリッジを歩いて渡ったときのことをお話したいと思います。

 レインボーブリッジといえば、芝浦から台場を繋ぐつり橋で、いわずと知れた東京の名所ですよね。東京近辺にお住まいでない方も某有名映画などでご存知かと思います。主にお台場や東京国際展示場に行

もっとみる

アメリカで出会った100の光景 No.19<大自然の絶景>自然が作り上げた巨大な橋・レインボーブリッジ

「猿の惑星」ほか複数の映画の撮影地であるレイクパウエルのクルーズツアーに参加した。
日本だと湖のクルーズといえば、くるっと一周というのが一般的だけど、ここはなんと全長300kmもある長い長い川のような人造湖。リバークルーズのようなイメージ。

中型の船はスムーズに進む。ダムの建設によって水に沈められてしまったキャニオンの光景は、そのいきさつを知れば複雑な心持ちになるが、壮観で美しい。
デッキで風を

もっとみる