レズっ娘クラブ

渋谷のサンデー神二の愉快な仲間たち(15時台)

2019年7月21日(日)15:00〜15:55放送分

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】カツオさん
【ゲスト】レズっ娘クラブ代表 御坊さん(@obouchama)、レズ鑑賞クラブティアラのまこさん、レズっ娘クラブ東京店のひなたさん

女性のために女性が癒されるお店「レズっ娘クラブ」。
このお店で働くようになったきっかけや、このお店の必要性など色々と語ってくださいました。
お客様との触れ合いによって、自分自身のことも大切にできるようになり、身なりなどもより気遣うように

もっとみる

6/13〜14の日記

2019/06/13

今日は朝からシカクに出勤。シカクは今、改装工事中なんだけど、今月の支払い予約やオンラインの売り上げ計上など事務方の作業はこんもりあった。
普段は19時終業だけど、早めの時間に帰ってきたかったので朝早くに出る。

とはいえ、実際に出勤すると思ったより作業が溜まってて、結局いつも通りの時間に帰ることになってしまった。

2019/06/14

朝からシカクのメール返信をこなす。

もっとみる

6/12の日記

今日は朝から難波でレズっ娘クラブスタッフたちと待ち合わせ。
数ヶ月前から企画してたレズっ娘クラブ初夏の遠足……あらため、レズっ娘クラブ初夏のSHINE旅行。ちなみにSHINE旅行っていうのは、シカクオンガクから出てるチミドロの「なのかな?」というアルバムに入ってる曲のタイトルから。光り輝く社員旅行。最高やん。
この日はみんなめちゃくちゃ早く、難波に集まった。

特急券と乗車券を買って、売店へ。みん

もっとみる

2019/03/05

今日はレズっ娘出勤日。
週末の疲れが微妙に残っているのと、体のリズム的にダルい周期っぽくて起きても眠い。
お肉ちゃんが出勤する時間までうつらうつらして、出勤してからは「しっかり起きておくぞ」という気持ちでシャンと座る。うっかりウトウトしてしまったら起きる自信ないしな……。

そうこうしてたらもう出発する時間なのでそそくさと用意して家を出る。天気予報では今日はあったかいって言ってたとおり、たしかにポ

もっとみる

2018/11/30

今日はレズっ娘出勤日。昨日と同じように窓という窓を開けて、空気を循環させる。都会のど真ん中なので、あまり褒められるような空気でもないけど、それでも外気が入って部屋の空気が入れ替わるような感覚はとても良い。

いつもの業務を淡々とこなして、資料の整理もして……とあれこれしていたらあっという間に夕方になっていて、御坊さんからも「そろそろ事務所戻ります」と入電。

事務所に戻ってきた御坊さんは、声がしゃ

もっとみる

2018/11/8

今日もレズっ娘出勤日……なのだけど、高島屋前で待ち合わせ。今日は住吉大社の初辰まいりにみんなで行くことに。

南海電車に乗って移動中、みんなもうお腹が減っていて、先にご飯食べようということで「いづもや」へ。ここは美味しいうなぎのお店らしい。お昼はまだ……という時間帯なのに、すでに何組か待たれていた。待っている間、間口からモウモウと美味しそうなニオイを含んだ煙が出ていて、みんな口々に「拷問だ」「腹減

もっとみる

2018/11/07

今日はレズっ娘出勤日。
事務所に着いたら聴き覚えのある音が鳴ってた。

おはようございます〜と挨拶しながら部屋に入ると、御坊さんが「おはようございます!流しときましたよ!」というのでなにかと思ったら、「孤狼の血」の冒頭パチンコ屋のシーンがスクリーンに映されてる。
なんて手厚い歓迎だろう笑。そのまま映画観ながら事務所内を掃除する。

お昼は、定食屋に行く。焼き魚定食を注文。鯖とか鮭とかから選べたので

もっとみる

本当に「すべての女性にはレズ風俗が必要」なのか?(中編)

前編はこちらから↓

ウキウキ・ワクワク気分で、いざ!レズ風俗の世界へ

朝10時に起きてすぐに店に電話をし、Kちゃんというキャストを指名した。予約は、夕方ごろに入れた。

レズビアンの世界に足を踏み入れるのははじめてだったので、どんなファッションがウケるのか全く分からなかったものの、精一杯のおしゃれをし、化粧もばっちり決めた。

予約まであと○時間・・・。
あ、あと△時間になった・・・。
そんな

もっとみる

本当に「すべての女性にはレズ風俗が必要」なのか?(前編)

行くっきゃなかった本屋B&B主催イベント・「さびしすぎなくても行ってみたい、レズ風俗ってこんなところ!」

3月13日(火)、定時を迎えた瞬間、大慌てで職場を飛び出し、下北沢にある本屋B&Bという書店に向かった。
毎日何かしらのイベントが開催されるその書店で、件(くだん)の日に開かれたのは、「レズ風俗」がテーマのトークショーだった。

イベントのタイトルは、

「さびしすぎなくても行ってみたい、レ

もっとみる