ホーチミンに長期滞在するなら、狂犬病予防接種はとても大事、という話

狂犬病のワクチンとホーチミンにある意外な繋がり

当日にこの記事をリリースできなかったので、ちょっとタイムリーさに欠けますが。。。

1885年7月6日は、世界で初めて狂犬病のワクチンが人に摂取された日なんだそうです。そのワクチンは、フランスの生化学者であり細菌学者でもある、ルイ・パスツール氏により研究が進められ、犬への摂取での成功事例はいくつもあったそうですが、人への摂取はとても慎重で、でもつい

もっとみる

『「いいね!」戦争』を読む(13)記事は「真実」でなくても構わない件

▼今号で紹介するのは、「オンラインの生態学」とでもいうべきものだ。

『「いいね!」戦争』の第5章「マシンの「声」 真実の報道とバイラルの闘い」の続き。

▼前号は、最近よく目にする「フィルターバブル」と「エコーチェンバー」の簡単な解説だった。

▼ところで、『「いいね!」戦争』には、まだアマゾンでカスタマーレビューが1件もつかない。2019年7月7日現在。

▼先に「オンラインの生態学」と書いた

もっとみる

予防接種を迷われる方にひとつ知っておいてほしいこと

小さく弱々しくて、神聖な感じさえする赤ちゃん。
こんな小さいうちに何本も何本も予防接種を打つなんて、かわいそうに感じることも、あるかもしれない。

もちろん、重い病気を防ぐこともわかっている。
大変な病気だからこそ、ワクチンの研究も進んで、しかもみんなが打てるようになってるんだということも、わかっている。

それでも、こんな小さな身体に?と思って、本当にいいのかな、と迷うことがある話を親御さんから

もっとみる

狂犬病について

狂犬病って名前の通り、狂犬病ウイルスによって発症したわんちゃんは狂ったようによだれを垂らしたり壁に頭をぶつけたりします。

実際に私は狂犬病にかかったわんちゃんを診断したことも見たこともありません。

そう何故なら、狂犬病は日本に今ないからです。

わんちゃんを飼っているかたはご存知だと思いますが、わんちゃんの登録を市役所で行うと毎年春に狂犬病ワクチン打ってくだサーーイ!
というハガキがお家に届き

もっとみる

G20大阪サミットに向け、SDGs主要課題に日本がリーダーシップ発揮

昨日開催された持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合で、「拡大版SDGsアクションプラン2019」を決定した。その内容は、G20大阪サミットを意識したものが盛り込まれている。

その中で、医療・健康分野では、エイズやマラリアなどの感染病患者を100万人救うことや130万人の子どもたちにワクチン接種を実施することなどに、日本から約4300億円の財政支援を出すこととした。

行動目標だけでなく財政

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
11

ペットショップの残った動物って?

うちには猫が2匹いるのだがペットショップで両方とも購入で、当時はペットショップに行くのがブームだった。

カミさんと今日もペットショップに行こう!という事でクリスマスの日にペットショップに行った。
冗談で「一万円だったら犬も飼おうか?w」とかいう話をしていた。

ペットショップを見ていると本当に値段がピンキリ。
一万円というのが冗談ではなく、2万とか3万とかで売られている猫や犬がごろごろいる。

もっとみる

打つべし打つべし打つべし!

予防接種の乱れ打ちだ。
ドコドコドコドコ。

研修合宿では毎週火曜日、予防接種を受けることになっている。
最近では、同期たちがワクチンソムリエのようになってきた。

「ほう……これが狂犬病ワクチン……。ここ数年で最高(の腫れ)。」

ボジョレの風よここに。


情報通の同期たちにいたっては、ワクチンの種類に留まらず、製造会社、担当医師などにより痛みの程度を分析し、一喜一憂している。

人に

もっとみる

ワクチンの強制接種は「迫害だ」と亡命を求める人たち―医療不信の来た道⑦

ワクチン接種率の低下を背景に、過去10年で最悪のペースで広がっている世界的な麻疹流行。子宮頸がんワクチンを定期接種に定めたまま「積極的にはお勧めしません」としている日本とは対照的に、欧米各国では相次いで「ワクチン強制接種」が検討・導入されています。

この記事は独立した記事としてもお読みいただけますが、「専門家が『専門家』になるとき」「日本だけの健康指標「体力」とは何か?」と合わせて読んでいただく

もっとみる

寄生虫なき病

「寄生虫なき病(原題:Epidemic of Absence)」という本(文芸春秋)。
 寄生虫、細菌、ウィルス、一般的に人間にとって有害とされているこれらの気持ち悪い生き物の大部分は人間にとって無害なだけでなく、実は進化の過程で互いにバランスを取りながら、共存共栄の関係を営々と築いてきた共生者だったことが分かってきている。

だから、寄生虫駆除や抗生物質やワクチンで、これらの(一見有害な)共生者

もっとみる

MR(麻しん風しん混合)ワクチンを受けていますか?

2019年6月現在、麻しんと風しんの感染者が増えています。

現在、麻しんと風しんの感染者が日本国内で発生しています。
母子手帳などでご自身の麻しんと風しんのワクチン接種歴を確認して、ワクチンを受けたことのない方で罹ったことのない方は、是非ワクチン接種をご検討ください。

これは、国立感染症研究所発表資料です。麻しん患者数が増えているのがよくわかります。(※赤丸印は筆者によります。)

風しんも増

もっとみる