三体ニュース

【速報】10万部突破! 『三体』フィーバーが止まらない!

もう読みましたか? 空前絶後の大ヒットとなっております劉慈欣『三体』。広告や書評でも多数紹介していただいており(ありがとうございます!)『三体』の名前を目にする機会も多いのでは? 暑い夏に負けぬフィーバーが続いております。

そして発売から3週間、『三体』は電子版も含めて、10万部を突破しました!

続篇となる三部作二作目『黒暗森林』は2020年、三作目『死神永生』は2021年に刊行予定(ともに原

もっとみる

『三体』を読んだらイベントへ! 関連イベントのお知らせ

発売前重版&発売後も続々重版が決まっております劉慈欣『三体』。超話題作の本作、イベント開催のお知らせです!

★イベント【1】★
7/12(金)19:00~20:30
八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
大森望さん×藤井太洋さん トークイベント
詳細はこちら!↓

『三体』翻訳担当のひとりである大森望さんと、著者・劉慈欣の盟友でもあり、早くから『三体』を激推ししていらしたSF作家・藤井太洋さ

もっとみる

【#三体ニュース】いよいよ発売! 翻訳・大森望氏によるあとがきを公開!

いよいよ劉慈欣『三体』が発売となりました!
話題沸騰、発売前に重版も決まった本作。本日の「#三体ニュース」では、本作の翻訳をつとめた大森望氏によるあとがきを公開します!

訳者あとがき
大森 望

 たいへん長らくお待たせしました。現代SFの歴史を大きく塗り変えた一冊、劉慈欣(りゅう・じきん/リウ・ツーシン)『三体』の、中国語版原書からの全訳をお届けする。
 小説のテーマは、異星文明とのファースト

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
33

『三体』刊行記念 華文小説フェア開催中!!

絶賛発売中の話題作・劉慈欣『三体』のほかにも、ジャンル問わず必読の華文小説が早川書房から多数発売されております。そこで、全国主要書店で早川書房華文小説フェアが開催中です!

2018年のミステリランキングを席巻した『元年春之祭』や百合SFなど幅広い作風を持つ陸 秋槎(りく しゅうさ)さん、『紙の動物園』など情緒あふれるSF作品を多数刊行して中国SFの英訳・紹介も積極的に行っているケン・リュウさん、

もっとみる

劉慈欣『三体』刊行記念! 短篇「円」特別公開

7月4日(木)は、2019年最大の話題作、劉慈欣『三体』の刊行日です!(『三体』とは? というかたは、ぜひこちらの記事をご覧ください)そこで、なんと『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』に収録した、『三体』から抜粋した章の改作でもある、劉慈欣の傑作短篇「円」を、ここで全文掲載いたします! いちど読めば、劉慈欣の閃きとスケールの壮大さがすぐにわかるはず!


The Circle
中原尚哉訳

もっとみる

【#三体ニュース】監修・立原透耶氏による解説を公開!

本日の「三体ニュース」では、本作の監修をつとめた立原透耶氏による解説を公開します! 

監修者解説
立原透耶

 中国では長らく伝統的に文学とは純文学を指すものであって、SFやホラーやミステリといったジャンルは「文学以外のもの」という立ち位置が続いていた。それをみごとに打ち破り、中国文学での価値観を根底からひっくり返したのが劉慈欣の『三体』である。
 劉慈欣は1963年生まれ。エンジニアが本職で、

もっとみる

【#三体ニュース】3分でわかる、『三体』のスゴさ。そして……

2019年最大の話題作、劉慈欣『三体』!

今回の #三体ニュース では「なんかみんな『三体』がスゴイって言ってるけど、いったい何がスゴイの?」という方のために、『三体』はここがスゴイ! という情報をまとめてお伝えします。

ココがスゴイ①数がスゴイ!

『三体』は、2006年から中国のSF雑誌《科幻世界》に連載され、2008年に単行本として刊行された作品です。本が出るやいなや、人気が爆発。なんと

もっとみる

【#三体ニュース】『三体』関連イベント開催&アニメ化決定!

来週に発売が迫った劉慈欣『三体』関連ニュースを連日お届けしています。本日のお知らせはこちら!

【劉慈欣著『三体』(早川書房)刊行記念
訳者・大森望さん×作家・藤井太洋さん
トークイベント】開催決定!

今回の刊行記念トークイベントでは、『三体』の訳者のひとりである大森望さんと、日本SF界の気鋭であり劉慈欣氏とも親交が深い藤井太洋さんに、本作の魅力を語っていただきます。もしかしたら、ここだけの裏話

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
16

【#三体ニュース】劉慈欣『三体』書影公開!

いよいよ発売が来週の7月4日(木)に迫った、2019年最大の話題作、劉慈欣『三体』。本日はついに書影を公開します!

物語の鍵となる紅岸基地を描いたイラストは、小川一水『天冥の標』、ブライアン・W・オールディス『地球の長い午後』などの表紙を手がけるコンセプトアーティスト、富安健一郎氏によるもの。
不穏な予感が忍び寄ってくる美しいイラストです!

ちなみに、表紙から袖、裏表紙までビヨーンと延ばすとこ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22

『三体』がひと足先に全文読める! 『三体』プルーフ(見本版)プレゼントのお知らせ【終了しました】

7月4日(木)に発売を控えた劉慈欣『三体』。このたび、ひと足先に全文読めるチャンスをご紹介!

ブックレビューコミュニティ「ブクログ」にて、ブクログユーザーのみなさんに特別に全文が読める試読版(プルーフ版)を10名様へ先出しプレゼントをおこなっています!

詳細はこちら↓

プルーフとは、再校段階のゲラを簡易製本した見本版のこと。イラストもカバーもついておらず、内容も再校段階のものです。これからさ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
16