不寛容社会

寛容になればいいな

台風対応から寛容に

少しずつ近づいて参りました

計画運休で停めてくれるから
皆が無理しない

お店も閉まるし
事前に対策していきましょう

いいよね

それで困る人もいると思うけど
あらかじめ言われたらなんとかするしかないよ

お正月もお盆もさ

色々あるんだろうけど
もっと休もうよ

もっと寛容になろうよ

そんなに頑張ってお店開いてなくても
すぐに届かなくても

お互い許していこうよ

便

もっとみる
これを糧に更新します
3

不寛容に抗うための手段について

前回のnoteで、「不寛容とは多様性の否定である」ということを紹介したので、今回は不寛容に抗うための手段についてお話したいと思います。

まず、不寛容に抗う手段は大まかに分けて2つ存在します。

不寛容に抗う手段

①権利拡張
②反差別

権利拡張というのはその名の通り、権利の拡張を意味します。
(それは差別なのかどうかは別として)マジョリティ、マイノリティ関係なく全ての人は社会から何かしらの抑圧

もっとみる

寛容でいること

元ネタがよくわからないし、それを探したり追っかけるのも面倒だからやってはいない。子どもがいる親御さんに対する厳しい意見や、不寛容な言葉などを含んだツイートが流れていたんだと思う。Twitterのフォロワーさんのいいねのほとんどが、それに関するものでタイムラインが埋め尽くされていた。

色々読んでいくうちに、私も親御さんに対して色々誤解していたと反省した。

時々スーパーとかでギャン泣きしている子ど

もっとみる
スキしてくれるあなたがスキ♡
9

男は背中で語るもの?

車で夕暮れを走っていた。大きな道を左折した、その時、後ろからけたたましいサイレン音が――。

「??」

パトランプを派手に点滅させた警察車両がぴったりと横づけ。「はい、路肩に止まってください」。僕は、警察官に止められた。

どうやら、一時停止の標示を見落としたらしい。幅が大きく見通しのよい道だったから、全く気付かなかった。ごめんなさい。交通切符を切られ、違反金7000円を支払うよう指示された。

もっとみる
涙出るほどうれしいです
1

不寛容社会で病む日本人

私が鉄道の現場で乗務員をしていたのは、もう30年も前のことですが、自分が遭遇した全ての事故現場の様子を昨日のことのように覚えています。

私が社会人になって初めて遭遇した人身事故は4月2日。新学期が始まったばかりの高校生の女の子でした。今でも思い出すと涙が出ます。

厳しい現場で乗務員や駅の方は人命救助最優先、周辺の列車防護、定時運転回復への努力など、日頃の訓練を踏まえて全力で「今、やらなければな

もっとみる
サンキュー(^-^)
4

注文を間違える料理店に魂を揺さぶられた件

注文を間違える料理店、知っていますか?

私は知りませんでした。

読売新聞の2019年6月24日の朝刊。

記事を読み初めて知りました。

ホットのコーヒを頼んだのに、アイスのコーヒーが出てくる。

記者さんが、ハンバーグを頼んだのに、ギョーザが出ていくる。

だけど、周りのお客さんは、満足そうにギョーザをほおばっている。

こうでないとダメだと型にはめて思い込むとどんどん窮屈になる。ま、いっか

もっとみる
私も、スキです!( ◜◒◝ )♡
4

感想(3月12日の週)『曖昧な愛と幻想の終わり』

世の中が変われば倫理も変わる・・・最近とくにそう思う。SNSでの不寛容社会の加速的な広がり、小学生のときの「い~けないんだ、いけないんだ~」がそのまま揚げ足取り社会に移行しているみたいだ。
この総監視社会の中では確かに駅のホームで喫煙などすれば晒されるし「ちょっとくらい、いいじゃん」が無くなって、その点ではよい効果もある気もするけど。

また3月の日記の感想を6月に書いている訳だか、この日記を読ん

もっとみる

藤崎マーケット可哀想問題。

お昼ぐらいに何やらタイムラインで藤崎云々みたいなことがあがってるなーと思い。
軽く調べてみて驚いた。

認識してる流れとしては以下。
1.読売テレビ「ten.」の一般の人の悩みを聞くコーナーで藤崎がロケ。
2.今回の相談は「性別がわからない人がいる」。
3.そこで性別に関するロケにて色々とイジってしまった結果炎上。
4.読売テレビと藤崎が謝罪。
5.藤崎降板。

大きな概略としてこれぐらいの認識な

もっとみる

いまさら寛容さを求められても

昨日のニュース。「ブリティッシュ・エアウェイズのドイツ行の便が間違ってスコットランドに到着するハプニングがあった」そんなことがあるのかと驚いた。

もっと驚いたのは、ほとんどの乗客はこの間違いをおもしろがってネタにし、知り合いや家族に電話で事情を話して信じてもらおうとしていたらしい。

さらに、着陸後、乗員がドイツへ行く人は手を挙げてくださいと聞くと全員が手を挙げたというエピソードも笑える。そりゃ

もっとみる
サンキュー♥やさしいひとになりたいです
35

失敗を許さない社会に生きるわたしたちはこれからどうしていけばよいのか。

ピエール瀧容疑者がコカインを使用したとして逮捕された。俳優、ミュージシャンとして活躍していた彼は多くの作品を世に出し、今も映画やドラマに出演している。関係各所は次々と番組の降板やDVDやCDの回収、販売中止の措置をとっている。

薬物犯罪だけではなく、不倫やなんらかの不祥事が起きると、一般のひとたちは、ここぞとばかりに過ちを犯したひとを完膚なきまでに叩きのめす。二度と出てくるなと。自分のことは棚に

もっとみる
Thank You!noteはのめり込みすぎず、マイペースに
40