『不寛容』を育む社会が追い求めてしまっている、狭い了見の『自由度』の話

少し前の話になりますが、3月20日の国際幸福デーに国連が報告する世界幸福度ランキングで、日本がまた順位を下げて、世界156カ国・地域の中で58位だったということが話題になりましたね。
そしてその順位に大いに影響しているのが、『自由度』と『寛容さ』の低さだ、と。

なるほどな、という思いとともに、誰もそんなものを目指したわけでは無かったはずなのにな、と思わずにはいられませんでした。

たしか、私はよ

もっとみる

下ネタをやめること ※ちょっと過激です

おはようございます!りゅういちです!

飲みの席でも電車でも
学校でも会社でも、テレビでも。

とにかく男同士の会話って下ネタが多いですよね。

ぼくも昔は下ネタに寛容でした。
でもそれは、下ネタを言うことによって人を楽しませたいというホスピタリティのもとでした。

別に言いたいわけじゃないし
ましてや、女子の前では絶対言いませんでした。

下ネタをやめたくてもやめられないという人もいるかと思うの

もっとみる

権利の主張でキリキリマイ

最近は様々な権利が主張出来るようになってきて

良いことだと思ってる

大きいものは女性の権利かな

働き方を含め色んなことが変わってきた

でも、その役割が好きだった人もいるはずで
そういう人達が少しつらくなっているかもしれない

例えば、結婚して専業主婦で子供を育てる

そこまでキャリアに興味がない人とか

女性管理職が増えないのは
なる土台もないけど
そもそも目指していない人が
多いんじゃな

もっとみる

共存と並存

人は1人で生きるのは不可能。
遠かろうが近かろうが、必ず誰かとの縁がある。

それを意図して、意識して太くするかが違い。

共存の考えは、柔道の精神に通じる

精力善用 自他共栄

特に後半部分。
自分だけでなく他と共に栄えること。
こちらをしっかりと考える、理解する、実践する。
どこかの国のように、わざわざ相手を作って、争う必要もない
(ぶつかることはあるとしても論理のぶつかり合いは大いにやって

もっとみる

【図解592,593】寛容とは「違いを認められる」こと

【ベン図型(変則)】寛容とは、相手の違う部分を認め、適度な距離で付き合えること。

【ベン図型(変則)】その一方で、自分を押し殺して相手に賛同しなくてもよい。それをしてしまうと逆に「自分の中にある違い」を認めていないことになってしまう。

相手の違いと自分の違い、両方の違いを認めよう。

寛容という言葉について、私なりに解釈した図解です。

図解を書きながら思いましたが、自分と相手の「同じ」と「違

もっとみる

プチ・パラダイムシフト体験 エコ包装 自分の意識が変わった話

ファイナンシャルプランナーの吉岡奈美です。
マカロニチーズをご存じですか?
アメリカのデリには必ずといっていいほど置いてあるのですが、昔から大好きでついつい買ってきてしまいます。昨日、最後の1箱を食べようとパッケージを開けた時、それまでと自分の反応が違っていることに驚きました。

アメリカで買ったマカロニチーズ

ここ数年お気に入りの安くて高品質なホールフーズ自社ブランド「365 Everyday

もっとみる
スキしてくれてありがとうございます。とても励まされます!
2

我能く人を愛すれば、人も亦た我を愛す。勇往向前。

8月30日は、江戸時代の儒学者、伊藤仁斎

の誕生日です。

江戸時代前期の儒学は、いくつかの系統に分かれていました。

・朱子学(大義名分論・君臣父子・理気二元論)→保守的
朱子学は江戸幕府にも保護された「官学」でした。

・陽明学(知行合一)→革新的
陽明学は、幕府に禁令を出されたこともありましたが、大塩平八郎や松下村塾のメンバーらが学び、後の明治維新の原動力の一つに。

・古学(孔子・孟子の

もっとみる
今後も良い記事を書けるように頑張ります。またいらしてください!
38

多様性を認めてしまった責任を負わされる時期にきている

もう20年くらい前から「多様性を認めてしまった責任を負わされる時期にきている」と表明していたが、まさにその通りに成ってきてしまった。多様性を受け入れられるのも結局は「程度」問題なのだ。その「程度」のことを「寛容」というのだ。仏の顔も三度だが私は仏ではないので三度目はねぇぞ!ですね。

サンドウィッチのお兄さんから学んだ寛容の心

留学先の大学内スーパーでアルバイトをしていた時のこと。ドリンクの棚の前を通りがかったとき、アフリカっぽい訛り(単語がスタッカートがついてるみたいに短く発音されるイメージ)のお兄さんから声を掛けられた。

Sandwiches?

…私にはそう聞こえた。

視線を落としたが、お兄さんの差し示すそれは円柱形のアルミ缶。

―いいえ、それはエナジードリンクです。

いやでもまさかそんな質問な訳ないだろう

もっとみる