人間性を大いに疑うところあり

人間性が悪い人の事ばかり考えない。拘らない。

世間の、人間性が悪い輩にばかりいつまでも拘っていると、自分の視野も、どんどん狭まり、仕舞いには、自分の人間性までもが歪んでしまいかねないと思う。
挙げ句の果てに、「同じ穴の狢(むじな)」へと堕ちて行ってしまいかねないだろう。
よって、極力なら楽しい事や、愉快な事、また、性格、人間性が善き者の事ばかりを考えて行くのが良い。

真面目で優しいとか、親切なのは、度を越さなければ、決して、損な性格ではなく、都合の良い人になる事ではない。

真面目、優しい、親切が必ずしも損なら、誰もが喜んで、そのような性格は、やめてしまう筈だ。

本当に真面目で優しい者は、不当な扱い等、受けたりしない。
一時は受けたとしても、周囲の誰かがきっと味方をする。
そして、不当に扱かったような輩には、非難が向いて行く事だろう。

世の中や、周囲の、人間性が悪い輩にばかり拘っていると、
自分の心にも次第に悪意が芽生え、自分の人間性までが歪んでしまいかねないだろう。

よって、性格、人間性が腐った、また破綻したような輩の事は、極力、考えないのが良い。

性格・人間性が悪い輩の事ばかり考えていると、自分の性格・人間性まで歪んで行きかねないので、そんな輩の事は放っておくに限る。

また、悪ぶっていても、本当に悪い奴等から利用されるだけであり、周りからも寂しい人だ等と思われてしまうのがオチだろう。

子供や若者に八つ当たりとかをする、親や教師や師匠が居る時点で、苛めや八つ当たりや中傷等をする子供や若者が居なくなる筈が無いだろう、と言う話です。😤😥😅👨😊

糞と糞を、粘土みたいに捏ねくり回してくっ付ける。
そう。
男を財布としか思っていないような糞女と、
若い(綺麗な)女ばかりに優しい糞男が、一緒になれば最高の糞粘土になるね、きっと。😏😤😝😜😸😁

あまり甘やかされた状態が何年も続くと、それはその内きっと、纏めてドンと、散々、甘やかされて来た自分に返って来ると思うので、お勧めは出来ないかと。

男嫌いとか女嫌いとかは本人の自由だが、男嫌いな者は困った時に男性に頼る資格は無いし、
また女嫌いな者は困った時に女性に頼る資格は無いだろう。

やはり「苛めは絶対悪」は、当たっているかと。

やはり、苛めをする事に正当性は無いと思います‼

「苛められる側にも問題がある」だのと、それを言う側が確実に間違っていますね。😠😡😳😤👩👨

苛めをした輩に、いずれは、しっぺ返しが来るか、非難が向くと思います‼😤👩👨

影で良くない行いをした人もまた悪いが、いつまでもその人をネチネチと苛めたところで、苛めた側も樹は晴れないだろう。

何があっても話し合う事が大事ですし、また、優し

もっとみる