この暗さを思い出す

眠りがおかしいので、病院に泊まり込んで検査を受けている。

22時消灯。スマホは電源を落とす。
普段は文章を書いていると寝られるので、何か書きながら寝ているけれど、今日は頼るものがない。

眠れない。腰が痛み出す。
心の底が暗い。

この寝付けない情けなさ、つらさを久しく忘れていた。高校生のころ、眠れなくて、眠れなくて、起き上がって布団を殴ったり泣いたりして疲れ果てたころ、ようやく眠れた。
横にな

もっとみる

いつも想い出す風景

いつも、困難に出会うとき
想い出す光景がある。

高千穂の段々畑に広がる
れんげ畑。

そこに、父と母と私がいる。
母はれんげを編んで
私に冠を作ってくれて
私の頭にかけてくれたっけ。

ただ私は私で
存在していれば、
お母さん、お父さんが無条件に喜んでくれた日々。

まだ、覚えてる?

二人とも優しくて
毎日生きてるのが楽しかったな。

小学校3年の
ある日がくるまでは。

'19.07.18

天気:雨。激しい。

近頃、メンタルがどん底まで沈んでいて、とうとう昨日は店を休んでしまった。こういうとき、誰にも許可を取らなくても、自らの判断で休みを取れるので、自営業はいいなと思う。まぁ、休んだら休んだ分、お金が入ってこなくなるだけなので、手放しに「こっちの方が良い」とも言えないけれど。

どうしてもダメだったので、久々に少しお薬を飲んだら、随分と楽になった。近頃は恋人の助けもあってか、以前よ

もっとみる

売上を伸ばさないことの難しさ

いい記事を読んだ。『サイボウズ式 -新しい価値を生み出すチームのメディア-』の <世の中は、行き過ぎた資本主義から「人の幸せ」に戻ってきつつある──『売上を、減らそう。』中村朱美×サイボウズ副社長 山田理>という記事だ。(リンクは下に。)

サイボウズの山田副社長と、京都で国産牛ステーキ丼店<佰食屋>を経営する中村さんの対談。

中村さんの "一方通行の愛" という言葉のインパクトが強い。経営者が

もっとみる

負の感情との向き合いかた

人間が人間である所以のひとつは”感情”があることだ。

大雑把に言えば喜怒哀楽

もっとシンプルに分ければ正の感情と負の感情

けれど、言語化できない複雑な感情もある。

例えば英語では【悔しい】という直接的な表現はないらしい。

【切ない】という言葉も海外では該当する言語は、ほとんどないそうだ。

その人の住んでいる環境だったり、育んできた価値観だったり、複雑要素が絡んで人は感情を感じるのだろう

もっとみる

さて、ひとつの恋の話をしようか

サン・ヴァンサン・ブラン。
フランスの白ワインらしい。

グラス1杯280円。
マルゲリータピッツァを頼んで、
ケチが酷すぎるくらいにグラス1杯の白ワインで店に居座っている。

さて、ひとつの恋の話をしようか。

かつて、声から始まる恋もあるのだなぁという記事を書いた。
https://note.mu/yuixxxgirl/n/n8d3c3f70640f

今ではその彼と、週1〜2回ペースで

もっとみる

人類史上最大の盗難事件の当事者として学んだこと

そのニュースを見た当初は「えっ、そんなことが起きたのか、大変だなぁ」と他人事だった。
どこか自分の遠いところで起きた事件と思っていた。
殺人事件のニュースをテレビで見ても、自分とは関係ない世界で起きたかのような、あの感覚だ。
ところが、そのニュースと自分との距離が徐々に近づき始めているのを感じていた。
「それって現実に自分の身にも降りかかっているんじゃないのか?」
それを否定したがる自分がいた。

もっとみる

作業途中でブツッと切れるのは、
よくあるのでもう慣れた。
でも「障害が発生しています」と表示されると、
どどどどうすれば直るの、と画面に話しかけてしまう。
「こちらにご連絡ください」に連絡しようにも、
つながらないし。

#26「取材・下調べ中に、不思議な体験をしたことがありますか?」

こんばんは。病関索・楊雄です。(びょうかんさく・ようゆう。「関索」は、三国志の関羽の甥っ子だったか養子だったか。「病」はなぞらえるという意味の他に、「顔が黄色っぽい」てな意味もあったそうで…。元は斬首刑の役人。腕は良かったそうである。弟分の石秀にくらべ、頭に血が上りやすい。戦闘で目立った場面…あったかなあ。そういや地味だな、この人)

 6月末に、ご当地怪談の公募に、一作投稿しました。毎年一回で、

もっとみる

ジブンこのまま 終わりませんと
言って底まで おちていく

年齢や服装はあえて伏せる。
市役所のロビーにて。
二人連れのひとりが、
「あー、300万あったら、大儲けできるのになー」
と言った。
連れは、無言。
300万あっても駄目じゃないかな、と私は思った。
何の根拠もないのに。