セカンドハーフ通信 第122話 わんこの病気

わんこの病気

うちのわんこが急に歩けなくなった。正確に言うと右下肢が麻痺してびっこを引いている。急いで動物病院にいくと、椎間板ヘルニアではないかということだった。しばらく安静が必要で、レントゲンも落ち着いてからにしましょうということになった。

とても元気でどちらかというと落ち着きのないわんこだったが、家の中で静かにしていなくてはいけない。家の中を放し飼いにしているので、自由に上り下りしていた2

もっとみる

お魚を獲りたい犬

春先に生まれたお魚の赤ちゃんが大きくなってきて

犬が反応するようになってきた。

とびついたりしてみるけど、獲れない。

ざんねん。。。

PR

もっとみる
ありがとう🐕とボルゾイ・プンタも申しております♡
4

ゲートボールにまぜてほしいおじいちゃんな犬

あぐらのようなスタイルですわりこみ

熱心にゲートボール観戦している犬

ボールをはじく音が聞こえると

複雑に折りたたまれた耳が片方だけ立つ。



(PR)
ペットのおくすり格安ジェネリックの使い方

もっとみる

しっぽのデザイン

公園の犬ともだちにと犬の話をしている際に

「〇〇ちゃん(犬)のおしっぽのデザインって…」

と言ったら笑われた。

たしかに犬のしっぽはデザインされたものではない。

「色」「柄」「形状」「質感」などなど
複合的な要素を持つルックスに関わる部分を一言で表すには他に何と言ったら良いのでしょうか?

もっとみる

イヤイヤ期の犬

推定9歳の犬

ここにきてイヤイヤ期に突入したもよう

イヤイヤそっちいかないの

どうしてもぜったいにいかないの

もう歩けない。

最終的にはんたい向いて座っちゃう犬

おおきいんだからだっこできないよ。

もっとみる

並んで写真とれない犬たち

だいすきなゴールデンのお友だちが登場

ゴールデンちゃんよりも、ママの方を見つめるウチの犬

ゴールデンちゃんはわたしの方に来てくれた。

たまには犬ふたりで並んでる写真とりたいねー

と、ゴールデンのママとがんばってみるけど

なかなかうまくいかない

いいのよ、写真なんかきれいに写らなくても君たちの姿はわたしたちのこころに刻まれてるから

と、なんとなくいい事っぽいことを
犬たちに声に出して言

もっとみる

高齢保護犬が好き

猫2匹、犬7匹飼っています。
すべて保護犬、保護猫たちです。
その中でも、犬は9才から推定18才までのシニア、ハイシニアの子たちです。
なぜ私はシニアの子たちをお迎えするのかを
知っていただけたらと思います。

高齢犬の良さ
歩くだけでも、ご飯を食べているだけでも存在すべてがかわいい
捨てられた背景にその子の性格がにじみでていて
いとおしい
仔犬期のしつけがいらない
仔犬から飼うと15年先を見通さ

もっとみる

あそべない犬

先日の雨で川の水がふえすぎてあそべないので

おともだちのわんこたちはみんな
ざんねんそうにしていた。

ウチのおじいちゃん犬は濡れた草を浴びてきもちよさそう。

ちなみにこんな
雨上がりのぬかるみではしゃいだ泥んこのボルゾイを

「ドロゾイ」

と呼ぶのは
ボルゾイオーナーあるある。



今日はあたらしいトイプーちゃんのおともだちができた。

げんきもりもりに走り回る一歳のトイプーちゃんに、

もっとみる

犬の分離不安を治した方法と考え方

PCの古いメールを整理していたら犬の写真が出てきた。
2007年から2014年まで軽井沢で一緒に暮らしていた犬。

2007年に埼玉県のNPOから迎えた保護犬のボルゾイ。

体重50kgくらいあって、
引っ越したばかりの家の床は初日でぼろぼろになった。

さいしょは分離不安がひどくて
人の姿が見えなくなったら即パニックになっちゃう。

わたしがトイレに入るだけで、ドアの前で
くーくーって泣いておし

もっとみる