金属の経年変化(錆)を生かしてサインをつくることが稀にあります。

#先日の余談

経年変化ってエイジングとかアンティークというとかいろいろ表現もあって、要は朽ちていく様子だったりする。素材や環境によってその変化は一概に言えないけれど、変わっていく様子や納品後のメンテナンスを愛おしく感じてもらえる方でないと共感が得れない。稀にしか依頼がない♪

銅が錆びる仕組み

銅は鉄と比べると錆による劣化・腐食が少ない。それは、銅の錆そのものが皮膜(酸化第一銅)となって安定す

もっとみる

数千年前の銅鏡から始まって、ひたすら和鏡を磨くのは山本合金製作所の五代目鏡師

#先日の余談

銅鏡(どうきょう)
その歴史は古く中国の「商(殷とも呼ばれる)」の時代から始まったとされている。殷墟時期(紀元前1300年?今から3000年以上前の話)の遺物に青銅鏡らしいものが発見されているという。日本国内では数百年遅れて弥生時代から古墳時代にかけて、三角縁神獣鏡などの遺物が多く発見されている。(紀元前900年〜紀元後600年?あたり)
− Wikipediaなど参照

ちょうど

もっとみる

ヒノキのウッドデッキだったけれど、ホームセンターで手頃な価格で手に入る赤松(無塗装)に張り替えた。

#先日の余談

自宅にあるウッドデッキの工事が完了したのが2011年12月。それからおよそ7年半が歳月が経ち、ところどころに朽ち始めてきていた。

当時の工事内訳を調べてみると下記の素材で作られていることがわかる。

2011年12月施工
階段:鉄(踏み板はヒノキ)
デッキフレーム:アルミニウム
木部:ヒノキ
塗装:バトン

ウッドデッキは屋根(平屋)の上に付いている。雨、風、そして太陽にさら

もっとみる

謎の集団がWonder LAB Osakaに集まった。

#先日の余談

Nue incの松倉さんの実験「謎のアイデア集団(仮称らしい...)」のキックオフイベントになるだろうか、50名ぐらいが集まってワークショップが開催されることになったので、ちょっと参加してきた。

ふりかえると、松倉さんのことを知ったのはいつだったのかちゃんと覚えていないんだけれど、おそらく彼が以前勤めていた会社の会社紹介漫画の冒頭に登場した人物だった気がする。その頃から、まったく

もっとみる

【備忘録】京都の文化・産業の魅力を持続的に発信する障害のある方の「ものづくり」&「デザイン」のチカラ

#先日の余談

2019年3月13日に開催された京都市・市民フォーラムにふらっと寄ってみたんだけど、面白い話が聞けた♪

特に印象に残っているのが、ジュリア・カセムさんが行っている「インクルーシブ・デザイン」への取り組みと、ディスカッションの中で少し触れられた障害者が作った商品を購入する人が「誰が作ったのか知ることで生まれることと、知らないことで生まれること」の見解と相違であった。

今回のフォー

もっとみる

剣鉾の伝承が途切れるのを目の当たりにしてしまった。

#先日の余談

僕が今の町に引っ越して来たのは2011年12月のこと。秋の例祭は10月だったということで、その町内のお祭りに参加したのは翌年の2012年。今から7年前のことになる。

その数年前まで「お祭り」というと屋台で買い物したりゲームしたり子供が遊びに行くところとして懐かしい光景しか連想できなかった。それが、2009年7月、御神輿(八坂神社・西御座)のご奉仕をしてから地元のお祭りに対しての見

もっとみる

クラウドワーカー向けのサービスを再開してみた♪ 如何にコミットするのかは人それぞれで良いと思うけれどー。

#先日の余談

のほほ~んと余生のような日々を過ごしているんだけれど、もう少し人並みの生活も過ごしてみたいと思っており、ちょっと仕事量増やすかーって思い立って、これまで放置していたサービスにこの2週間ほど取り組んでみることにした。特に新しいことでもなく、いわゆるクラウドワーカー向けのサービスに再登録して、毎日フィーリングの合いそうな依頼(コンペ・プロジェクト)に提案している。

その経過の中で気が

もっとみる

太陽の塔の内部潜入がオマケになったのは、先に「みんぱく(国立民族学博物館)」に行ってしまったから♪

#先日の余談

「太陽の塔」は岡本太郎氏がデザインした1970年アジア初の万国博覧会のシンボル。今もなお、大阪・吹田に遺構のように佇んでいる。僕が生まれたのは1971年なので万博は知らないのだけれど、高速道路(中国自動車道)から「太陽の塔」が見えてくると吹田に着いたと知らせてくれる目印のようであった。

岡本太郎氏は“芸術が爆発だ!”というフレーズの当人である。TVメディアでの使われ方の影響だろう

もっとみる

2018年のふりかえり

#先日の余談

旧正月も過ぎてしまうと流石に「おめでとう」という表現は使う機会は少なくなっている。年末年始は特に予定もなくあっさり過ごした。ちょうど一年前に自己紹介がてらプロフィールをまとめていたので、その更新も兼ねて昨年(2018年)一年間のふりかえりをしておく。

(何とか生きています)

■仕事について

「何やってる人?」と言われることはあります。

裏側での仕事も多く、何事も露わにしてお

もっとみる

タロットカードを紐解くと、僕の趣向と重なるところが多いと気がついたところ♪

#先日の余談

初詣は氏神さまである木嶋神社(木嶋坐天照御魂神社)に参って、ご挨拶をしてから御神籤(自動販売機)では「中吉」をいただいた。特にどうって話ではないけど、そんな習慣で2019年が明けた。

思い返すと「占い」をお仕事にされている友人がいたと思うんだけど、最近お会いする機会もなく、かすかな記憶を辿ると西洋占星術ではなく神道にも精通されていたようなお話もされていたと思うし、むしろ占いという

もっとみる