古典催眠

【催眠講座】エリクソン

エリクソンと言えば
1.一般的に有名なのはエリク・エリクソン(1902~1994)
2.催眠の世界ではミルトン・エリクソン(1901~1980)
ネットで調べて、ごっちゃになった方もいることでしょう。

 エリク・エリクソンは発達心理学者で、アイデンティティという哲学の言葉を心理学に持ち込んだ人です。
 一方のミルトン・エリクソンは、後にエリクソン催眠と言われる手法を築き上げた人です。
 いずれも

もっとみる

【催眠講座】無料講座のお知らせ

9月15日に古典催眠術講座初級を開催しますが、今月は無料です。それなのにエリクソン催眠の話をして、エリクソン催眠誘導法も教えます。もちろん古典催眠もしっかりやりますよ。
 新規の方がいないので、今はまだ開催が確定していません。よろしくお願いいたします。

新しい催眠誘導法を思いついた経緯

日本催眠術倶楽部のブログに書いたものを、下の方で解説しています。

近ごろ虚数意識仮説を研究し、エリクソン催眠をそれで解釈しました。
その話は後日掲載しますね。

そのときふとNLPのVAKに思いが至りました。
あまり関係ないことをふと思いつくのが、無意識の自己組織性です。
(わざと難しく言っています)

それでVAKでは、人は記憶を辿る際に、
左上を見る人はV(Visual)優先
左横を見る人は

もっとみる

催眠術の入門書が僕の中で8年ぶりに更新されました。

日本催眠術倶楽部の公認講師でメンタリストでもある 飯島章 先生による古典催眠の入門書【古典催眠術の理論と実践】を読みました。

つい最近まで、ネットでも紹介されている催眠入門書の新書3冊を勧めていたのですがこの本を読んでからは軽々しく更新されてしまいました。

100数ページというシンプルで短く人によっては抵抗があるかもしれませんが必要な所だけそして使えるものをまとめているのでいちいち付箋などを貼

もっとみる

【催眠講座】エリクソン催眠の秘密②

いきなり②なのは、昨日のequivoqueが①だから。
 エリクソン催眠では、あいまいなことを聞かせ意識を混乱ないしは退屈させたり、小さいころの話をさせてイメージ主体にさせたりして、患者の意識を飽きさせる、疲れさせる、して無意識優先すなわち催眠状態にします。
 どんなにつらい精神状態でも多少は寝るように、上記のやり方だと(時間のかかり具合はともかく)必ず催眠状態になります。
 患者は治りたいという

もっとみる

【催眠講座】equivoque

equivoque(エキボーク)はもともとフランス語のéquivoqueで、あいまいさ、両義性、多義性という意味です。でもマジシャンやメンタリストは、メンタリストのマックス・メイビン(Max Maven)が用いる言葉のトリックとして理解しています。
 催眠の世界でもこのequivoqueが使われています。エリクソン催眠での利用が有名です。例えばダブルバインドです。でも実は古典催眠でも用いられていま

もっとみる

憑依芸

今日は言語催眠術練習会に参加して、いろいろな実験を皆でしました。一つは憑依芸でして、完全に人格が別人になりきって、非常に驚きました。
 他には、他人には解けなくなる暗示や、反対の暗示(それが好きになる、それが嫌いになる)を同時にかけるといったことです。同時に反対の暗示をかけると、無意識が葛藤することが分かりました。トラウマの原理といっていいでしょう。
 そして言語催眠の暗示って「てにをは」も大事で

もっとみる

催眠は印象操作術であり状況構築術である

催眠に必須な暗示を機能させるためには印象と状況を変えることが大切で、言い換えれば、催眠は印象操作術であるし、状況構築術と言える。

・催眠に掛かる環境
・催眠の要素
・意識の変性と暗示の作用
・誰からの暗示か
・古典催眠とエリクソンの催眠
・どんな状況での暗示か
・オチの一言
・印象も状況も作れるもの

催眠に掛かる環境

人が催眠に掛かるには、その人が催眠に掛かれる環境が整えられていることが

もっとみる

暗示文の可能性

古典催眠の場合,暗示文は催眠誘導文とは異なり,強めに命令調に言うことが多いです.「一,二,三で指を鳴らすと,もう立てません」「一,二,三(パチン!)もう立てない!」とかそんな感じです.そしていわゆるエリクソン催眠の場合には「立てるかもしれないし,立てないかもしれないし,でももう立てなくなっているかもしれません」「いずれにせよあなたが決めることです」みたいな感じになります.
 上記二つと異なる暗示の

もっとみる