白い色鉛筆

色鉛筆に、白がある。

絵具にもある。

昔、小学生のころ渡されるのは白い画用紙、これに絵をかいて色を塗るとか、塗り絵の本開いても、白いページに黒いキャラクターの枠が書いてあったりして、「白色っていつ使うんだろう?」「白、いる?」そんな感じになりかけた時期ってありませんか。

ちなみに私、芸術の才能皆無、遠近法は無視で目についたものから書くから構図もへったくれもなく、キリン書けばゾウ?と言われるし

もっとみる

【音声note】エレガントな言葉を投げかける

念仏を唱えますね。
※寝ながらか車を運転しながら聴いてください。

卑猥なのにエレガントな言葉。
女体盛り。
壁とトイレを間違える。
食卓トイレを間違える。
何でここ濡れているんだ。
トイレと洗濯機を間違える。
「2年前の今頃すわ」
上には上がいる。
チンコで鼻のアタマを叩いてやろうか。

愉快な仲間たち。
下着が消える。
犯人は息子の友達。
どうしてやろうかこのオンナを。
下着が好き過ぎる。

もっとみる

子どもの塗り絵から考える。なぜ窓は青く塗るんだろう。

先週、お祭りのイベントでバスの紙工作をこうちゃんとした。最後に色を塗るんだけど、こうちゃんは窓を赤や黄色でぬった。

そこでパパは横からこんなことを言った。

「窓は青で塗るんとちゃうの?」

こうちゃんはこう言った。

「えっ、なんで。青とちゃうやん。窓から赤とか黄色がみえるやん」

あっ、言われてみれば窓は青色ではない。窓は青で塗るもんやという暗黙の了解がパパの中には存在する。でもこうちゃんに

もっとみる