名古屋で京都気分♪ 八事・興正寺に行ってきた件

こんにちはRYUです。既に11月なのに、名古屋は最高気温20度!という快適な日が続いています。全国的に見ても暖かいようで、観光には良いですね。

今日は名古屋の八事にある「興正寺」を紹介したいと思います。五重の塔あり大仏あり、枯山水の庭あり茶室ありで、名古屋にいながら

「京都にいるんじゃないか?」

・・という気分が楽しめますよ。ちなみに興正寺、真言宗のお寺で1686年に建立され、尾張徳川家の「

もっとみる
ありがとうございます!
2

東大寺にて大仏とともに考える

今日はたくさん投稿するぞ!「第二弾」

奈良公園を後にして、東大寺へ。
東大寺は、いつか行ってみたいと思ってた
場所だから、みたときに素直に気持ちが
高ぶった。

教科書の世界に閉じ込められた大仏しか見てこなかったもんだから、実際の大仏を見たときは
圧倒された。

あらゆる角度から大仏を眺めたが、
さまざまな意図が見て取れて興味深かった。

東大寺や大仏を見ながら、当時の人々は

もっとみる

初心者

奈良に行ったよ〜という思い出日記。

友人と少し足を伸ばしたところへドライブをするのにハマっているので奈良へ行ったよ。

お互いあまり運転が上手じゃないので(友人2年目でそんな上手じゃないのはわかるが、わたし5年目なんだよね、、ペーパードライバー期間長すぎた、、)毎回どうしようと騒ぎながら行ってる

鹿と大仏目的で行った〜のはいいけど結構大変だった。

まず、奈良まで2、3時間で着くはずなのに5時

もっとみる

大人の遠足

昨日は、2万歩くらい歩いたかなぁ。JRではなくて、のんびりと小田急で藤沢まで。江ノ電に揺られて、七里ヶ浜へ。

ちょうどOPENした「珊瑚礁」で大好きなビーフサラダと白ワイン。曇っていたけど、海が見えるテラスで。サーフィンを楽しんでいる人が結構いる。ずっとやりたいって思っていたけど、やらなかったサーフィン。55歳になったら始めてみようかな。ビーフサラダ1700円。

食後は、海を感じたくて浜へ。や

もっとみる
拙い文章にお付き合い頂き、感謝に絶えません。私は、愛しています❤️
33

念願の巨大仏「牛久大仏」に行ってきました

わたしは巨大仏が大好きだ。

もともと歴史的建造物が好きなんだけど、中でも人目を引く巨大仏にはどこか惹かれてしまう。

とはいっても今までちゃんと見たことがあるのは「高崎観音」「鎌倉の大仏」「奈良の大仏」くらい。近所にあったらいいんですけどね。近所にあったらすぐ挨拶に行けるのに。

今回はふと「あ、牛久大仏に行こう」と思って弾丸で行ってきました。片道3時間。帰りは高速に乗って1時間半。

牛久大仏

もっとみる
いいことがありますように

皆さん「ご縁」を大事にしてますか。…東大寺大仏殿のご朱印のこと。

これってひょっとしてタブーなのかも知れませんが、ご朱印をいただく際に少し逡巡することがあるんです。それは…ズバリ、

誰に書いてもらうか

ということ。
つまり、大きなお寺だと、ご朱印を書いてくださる方が3人とか4人おられるので、誰に書いてもらうか(誰の列に並ぶか)を決めるというプロセスがあるわけです。どこの列に並んでも、書いてある文句自体は同じなんです…ケド、

当然、書く人によって文字の雰囲気

もっとみる
おおきに!
6

牛久のテーマパークはすごかった

この前友達と牛久の大仏に初めて行ってきた

今の家から車で1時間ほどでいけるし行ってみたいなーと考えて約2年、ついに行ってきたのである

(考えると大仏様を拝むこと自体初めてじゃない、、、???)

そんなことを考えながら拝観料を払いいざ庭園へ

大仏胎内に入れる時間ギリギリだったけど、まずはありがたい(?)鐘を1ゴーン

 ありがたい鐘も鳴らしたしいざ大仏様の足元へ

で、、、、で、、、、、でけ

もっとみる

大仏電車

夏の終わり、亮は鎌倉へ出かけた。午前11時、亮を運んできた横須賀線は鎌倉駅を後にした。30度を超える気温でも吹き飛ばせない、独特の湿気が肌を包む。勢いだけで降り立ったは良いが、どこへ行けばいいかも見当が付かない。何も調べずに来たのだ、大仏や長谷寺など見所は鎌倉駅から離れたところにあることも知らなかった。9月頭の日差しの中、パンフレットを頼りに、今来た道を戻った。先ほどの駅へ戻り、江ノ電なるものにに

もっとみる
スキ♡ありがとうございます(o^^o)!
10

奈良時代

大宝律令が施行され、
都を平城京に遷都したことによって、
日本が世界に対して
1つの国家があることを宣言しました。
しかし、
海外に向けては侵略問題から解決した一方で、
20年経つと
内部の政治が律令にそぐわなくなってきました。
さらに大宝律令のもとで政治してきた
貴族たちの対立関係も浮上してきました。
それが、

皇室の親族 VS 藤原氏 
という構図になります。

皇族の親族代表を長屋王と

もっとみる