奇跡のコース

時間の中にわたしは居ない

きのうの奇跡のコース学習会、また写真を一枚も撮ってなかったのですが、きほさん手作りのいちじく入りの米粉のケーキ、智子さん手作りの米粉スノーボールクッキー、とても美味しかった!お二人ともいつも美味しいお菓子をありがとうございます。

奇跡のコース・ワークブックのレッスン7にこんな言葉があります。
「私は過去だけを見ている」
これがどういう意味なのか理解してもらうために、2分間タイマーを設定して、その

もっとみる

家に帰る方法(生きているうちに死にたい)

「家にいるのに帰りたい」というtwitterの下記投稿が、多くの人の共感を呼んでいるという記事をたまたま目にした。

そしてムージのとある動画を思い出した。
「家に帰る前に、私が家に帰れるよう、助けてください。」とサットサン参加者の一人がムージに言う。
そこでムージは、かつて彼に面会を求めてきた男の話をする。
その男は医師に余命宣告をされ、「死ぬ前に死にたい。」、つまり生きているうちに何とかしてエ

もっとみる

聖書

小学生の時、カブスカウトに入ったときもらったもの。それ以来ずーっと持っていますが、中身はほとんど読んだことがありません。

特に、キリスト教に入信したわけでもないし。
カブスカウトの集会で教会で使うだけでしたし。

でもなぜか、まだ手元にあります。

大人になった私は、様々なスピリチュアル本をかじるようになり、「神対(神との対話)シリーズ」を読破、さらに「ACIM(奇跡講座/奇跡のコース)」を独学

もっとみる

ACIMの「テキスト」やっと「ほぼ半分」読めました

ACIM(A Course in Miracles、奇跡講座/奇跡のコース)

日本語版で全31章 827ページ、そのうち15章 404ページまでたどり着きました。今月中に読み切れるかなあ?

ACIMは、この世に生を受けてから身に付けてきたネガティブな感情や思考回路を手放して、本来の自分自身、そしてワンネスの世界へ還っていこうという主旨で組み立てられている......というのが私の受け止め方です

もっとみる

4年間のオナ禁生活からみた人生逆転のすべらない話。なぜ、毎年200日を目指す動機は何なのだろうか?【とりあえず30日はじめませんか?】

読者のご要望により…

オナ禁の電子書籍21弾完成!3年連続で200日超え突破!4年連続いけるか…を挑戦させて頂いております。クダラナイ笑いがでてくることですね。

オナ禁2015年11月26日に知って、3年半が経過しました。

まさに神レベルまでいったオナ禁を継続するためのツール前作に紹介した『オナ禁×ホットヨガ×エネマ』を手に入れてオナ禁の奇跡とともに日々に歩いています。

バースト様、タイソ

もっとみる
貴方様が押していただいたので元気になりました。ありがとうございます。
2

朝のcourse

奇跡のコース A course in miraclesを
本格的に学びはじめて今日で4日目。

1人じゃ難しいな。。
と思ってたコースのレッスンも
香咲弥須賀子さんの導きがあれば
とても分かりやすくて楽しくて

この時間が一日の中で
とても心地の良い時間となってます。

楽しくて
興味深くて
どんどんレッスンを
進めて行きたくなるけど
ほんの10分ほどの1日1レッスンが
続けられる秘訣なのかなぁ〜

もっとみる

重圧の中で変化に苦しむ自分が喜びを取り戻すために

ぐうたらで臆病な私のエゴにとっては、仕事上のほんの些細な変化ですら、強い恐怖の対象となってしまう。
どんな仕事でもそうかもしれないが、経営をしていて、これで十分安心だ、と思える状況にはなかなか巡り合わない。
自分の得る有形無形の報酬に対しても、割に合っているとはなかなか思えないし、従業員への待遇に関しても、お互いに完璧な満足感を得られることはそうないだろう。

基本的には人間も神様も、それが悪いも

もっとみる