綺麗な白花、キレハハクサンボウフウ

西穂岳、丸山近くで咲いていたキレハハクサンボウフウです。ハクサンボウフウの葉っぱが細くて切れみが深いタイプで草丈50cm、花は2mmぐらいの小さな花をいっぱいつけて直径10cmぐらいです。名前の由来は、キレハは切れ葉で、白山で見つかって、中国の薬草の防風に似ているから、キレハハクサンボウフウ。綺麗な白い花をいっぱい付けたセリ科の花が登山道の両側で咲いていて、花を愛でながら楽しく歩けました。

もっとみる

健気で可愛いリンネソウ

西穂高の稜線でみつけたリンネソウ。常緑小低木で草丈8cmぐらい、花は釣鐘形で7~8mmととても小さいです。2つの花をセットでつけるので夫婦花とも呼ばれるようです。リンネソウの名前の由良は、分類学の基礎を築いたカール・フォン・リンネがこの花が好きで、その名前をとってリンネソウだそうです。ひっそりと下向きに咲く淡いピンクの花は、とても健気で可愛いです。

もっとみる

ふと・・・思う

ふ~~っ!今日も暑い!!いつになったら・・・と今から秋が待ち遠しい。
セミの声も益々賑やかだー!暑さ倍増!

出るのはため息ばかり・・・シャキッとすること何かないかなぁ?
今日は落ち込むばかりで楽しいことが浮かばないー!

この数種のたくさんのセミの声お届けしたい(笑)

優しいピンクの花、ハクサンフウロ

クルマユリのそばで咲いていたハクサンフウロです。ハクサンフウロは草丈50cmぐらい、花は3cmぐらいの大きさです。名前の由来は、ハクサンは白山、フウロは風露で、朝露が花に付いて風に揺れる様のことらしく風情ある名前です。緑の葉っぱに咲くピンクの花がとても優しい感じで癒されました。

もっとみる