タクシードライバー

風邪だ。
どうしても教室に歩いていくのがきつかったのでタクシーを使う。

日本在住ではご存じない方もおられるかもしれないが、シドニーのタクシーの扉は自動では開かない。自動で開くと思ってボーっと立っていると、「おいお前、乗るのか乗らないのか、冷やかしなら邪魔だ、さっさとどきやがれ!」と運転手から罵声を浴びせられる(だろう)。

英語が分からなければ気にもならないかもしれぬが、しれ~っと突っ立ったまま

もっとみる

種の音

とあるところでいただいた冊子
「青空・飛騨の匠学校」
雰囲気で気持ちを持って行かれました。

今までの「種の音」に少し飽きてきたから
変えてみようと思い始めています。
ことこと通信のアナログ版。
少し自分たちでやらなきゃいけないことがあるけど
(ホッチキス止めとか)
スタッフたちが

「やります〜 やります〜 呼んで〜」って言ってくれるから
軽くそこはお願いして。

内容も昔に戻して
観じることし

もっとみる

キャラクターを振動させるプログラミング(Unity)

今回は、表紙(?)の雷に打たれたキャラを振動させてみます。

お遊びのプログラミングですが、よかったら読んでください。

画像の読み込み

まず、画像をダウンロードします。Assets => Import New Assetsを選択し、ダウンロードしたい画像を選択します。

次に、InspectorのTexture TypeをSprite(2D and UI)に変更します。

これで、画像の読み込

もっとみる

19822_ 鎖骨について

1.骨

①:骨についてウィキペディアより引用です。

骨(ほね、英:bone)は、脊椎動物において骨格を構成する、リン酸カルシウムを多分に含んだ硬い組織。特に軟骨(cartilage)などと明確に区別する場合には硬骨とも呼ばれる。

動物体内での骨の機能は多岐にわたり、体の保護や姿勢の維持、筋肉を用いた運動のほかに、栄養の貯蔵や、血球を産生する場としての役割も持っている。ヒトの大人の体には、大小

もっとみる

振動して伝わる

パワーストーンって、振動しているらしい。

水晶とか。

沖縄には、たくさん鍾乳洞がある。

鍾乳洞の氷柱が成長するのに何百年とかかかるらしい。

今、シュルティ・ボックスというインドの楽器が欲しくて、アコーディオンみたいな仕組みなんだけど、鍵盤がないのだけど、たくさんある弁を何個か開けて、パタパタして呼吸させると

ぶわあああんって鳴る。

ドローンみたいなやつ。

たくさんたくさんパタパタする

もっとみる
00:00 | 00:30

「【宮古島旅行記】海の音は命の音」というコラムで、沖縄の海の音は、サンゴの音がする、と紹介しました。焚き火にも似た「パキパキ」という音をお楽しみください。いずれ、編集した動画も公開するかもしれませんが、ひとまず「宮古島旅行記」での写真で沖縄の海を想像しながら、サンゴの命を燃やす音を聴いてみてくださいね!

古語訳『振動』(ゴールデンボンバー)

消え失せし由《よし》ぞそこはかとなく知りたる
 小《せう》なる諍《いさか》ひ 大《だい》なる悔やみ
 守《まぼ》らんと歌ひし郷原《きやうげん》の果てに
 遂に身を破りぬ 憎き我《われ》頼み

 汝《いまし》の廠《しやう》に行けば会はざらめやも
 相《あひ》見ずといふ思ひは
 汝の腹据ゑなるべし

 汝なき閨《ねや》に吾《わ》の嘆き
 如何《いか》に汝を思ひて喚《をめ》きても
 此の歌は及ばず 更に

もっとみる

癒しの波動、 痛みの波動

[音 〜 可聴域から不可聴域まで]

音には、可聴域から、不可聴域に属すものまで、幅広い波長がありますね。

一般的に、人が聞こえる、可聴音は、20,000~20Hzとされています。

20,000Hzを超えるような、人には聞こえない音は「超音波」、可聴域音のうち、1~100Hzは低周波音と呼び、人の耳には聞こえない20Hz未満の音は「超低周波音」といいます。

[可聴域は、生物の種によって異なる

もっとみる

パワースポット仙酔島より ハイエナジーサウンド

宇宙連合より急遽、
「仙酔島でヒーリングサウンドを収録せよ!」
とご連絡いただきました(笑)

ご指示通り行ってまいりました😆

仙酔島と言えば、スピリチュアルのお好きな皆さんに人気なパワースポットです。

そちらのエネルギーをサウンドにのせてお届けします🎶


現地の風景も収録していますので、
お楽しみください。



◆トリニティジャンベヒーリングWebサイト
https://www.tr
もっとみる

冷却ファン付きスマートフォンのインパクト

スマートフォンで処理が多いゲームを実行すると、当然ながら発熱が増えてスマホ自体が熱くなり持っているのが大変になります。さらに熱によってスマホ内部のチップが壊れることを防ぐために強制的に処理速度を落として発熱量を減らすようになっています。その結果、ゲームなどの処理自体が遅くなり、発熱が減って正常に動作するようになる、という仕組みになっています。

世の中のスマートフォンでゲームをがっつりする人の悩み

もっとみる