新政

Twitterでの今年の私的ベスト日本酒上半期10選ランキング集計

#今年の私的ベスト日本酒上半期10選 というハッシュタグを目にした。

元をたどるとまっちゃんさんのツイートが発端であった。

なるほど、つまりこれを見ていけば旬な日本酒が分かるな・・・

ということで、とりまとめてみた。

尚、2019/06/28~2019/7/2までの情報である。大体100人ほどで1068票集計した。必ずしも10挙げているわけではないのでこのような数字だ。

また、流石日本酒

もっとみる

日本酒「熟成」の深淵と、「きれいなお酒」の功罪|鎮守の森の「熟成の会」で考える

2019年現在、日本酒文化の主役は「きれい」なお酒だと思います。

「冷やしておいしい」「ワイングラスでおいしい」タイプ。もちろん好きです。

一方、日本酒には「熟成」という領域があります。
そしてこの世界が、悲しいほど知られていません。

そんな「熟成日本酒」を堪能する機会に恵まれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の記事ですが、ざっくりいうと「熟成酒ってい

もっとみる

新政とは、Appleなのか?   「新政酒造」の日本酒が特別な理由

「日本酒を好きになったお酒」は「新政」です。

そう書くと、どこか気恥ずかしさを感じます。ヒットチャート1位の歌手のファンであると告白するのと似た感覚です。「嗜好品」であるお酒には「自分だけが好きなおいしさ〜」ような心情の機微もあるのかもしれません。

でも、おいしいものはおいしい。

日本酒の異端であり先端、熱狂的な支持を集める「新政」について書きます。

新政酒造は秋田県の地酒蔵です。創業は1

もっとみる

最近飲んだ日本酒いろいろ

飲んだお酒の備忘録。

農口尚彦研究所

石川県、小松市の酒。サイトがおしゃれだ。

花垣酒造

福井県の酒造。ごりごりのおっちゃんが作ってる酒だけど、最近ちょっとかわいいラベルの出してる。

みむろ杉

春らしいこのラベルのは、「華きゅん」というかわいい名前。飲みやすい。

鷹長

奈良、油長酒造。「風の森」が人気出過ぎて、なかなか買えなくなっちゃった。これも、おいしいよ。

加茂錦 荷札酒

もっとみる

【日本酒評/レビュー】宴に最適、呑みすぎ注意、口当たりNo.1のお酒

銘柄:陽乃鳥 貴醸酒/新政酒造

 あっぶねー酒がまた出てきましたよ。噂の新政さんからの一本。一口目の口当たりが実に滑らかで、舌を通じて身体に染み渡っていく感じ。良質な湧き水を口にしているような気持ちです。(そりゃ湧き水使ってるんだろうけどさ)

 舌には仄かな甘みを感じます。旧友と再会した酒の場は自然と話に花が咲き、いい気分になるもの。気付けば時間があっという間に過ぎ去っていく。そんな場を作って

もっとみる

農業と編集。ある編集者の無茶振りが僕を成長させてくれた話。

鹿角(かづの)で飲み過ぎて昨日は1日きれいに消えさった。しかしほんと楽しかったなあ鹿角。

 秋田県鹿角(かづの)市は、秋田最北部の町で、僕は個人的にエネルギーの街と呼んでいる。それについては『のんびり 11号』のpdfを読んでもらえたらとても嬉しいから、ここでは割愛。

 とにかく多様な温泉から地熱発電、太陽信仰に鹿角ホルモンまで、とにかく鹿角はエネルギーに満ち溢れている。そんな鹿角の街に僕がリ

もっとみる

発酵トークの会☆秋田・新政酒造&発酵デザイナー

秋田の 新政酒造 の古関弘さんと発酵デザイナー・小倉ヒラクさんの日本酒の会に参加してきました。

企画されたのは、三宮にお店を構える「日本酒とおばんざい ぼでが」(神戸・三の宮)さん。

発酵のお話はもちろん、お二人の興味深い濃密トークを聞きながら、新政セレクトの日本酒を楽しむ、なんとも贅沢な時間でした。

日本酒の試飲ラインナップは、こちら。
新政さんの11種、そしてヒラクさんお薦めの山梨ワイン

もっとみる

【五反田】ゆらりの京風おでんが五臓六腑にしみわたる

12月ともなれば、寒くなるし、忙しいしで「そろそろ季節もきつくなーる」ってもんです。

そんな師走イズムな我々はどうすればよいか。

お出汁のしゅんだ京風おでんを食べるべきなのです。

訪れたのは五反田のゆらりさん。五反田在住の友人が行きたいところがあるというので連れて行ってもらいました。

※あれ、祇園に来ちゃったかな?という佇まい。

※本日のお勧めが店頭にあるとぐんと入るモチベーションあがり

もっとみる

今楽しかった時があるとして、それは多分死ぬ前にはとても小さな小さなピースになっていると思う。ささやかだ。けどそれは美しい。きっとそれは息絶える間際、夢うつつで私の前に現れる。そんな欠片にもし味がついていたら、ひとかじりしたならこんな味がする。淡さの極み。類なし。

#日本
#新政

初秋のデッサン 新政

【今日の投稿の3文まとめ】
①新政酒造のcolorsエクリュというお酒を詩にします
②ビビってます
③要は、酒を飲みながら「おれはこれを高校時代に飲みたかった」と言っています

酒を、その酒をその酒にあった形で表すためには詩で表すのがベストだ、と。

はい、私はそう思ってます。

それゆえなぜそう考えたかを『やわらかな日本酒リテラシーを求めて…』で書いてから実践しようと思ったのですが、書きたいので

もっとみる