旅生活

ヨーロッパと日本の良いトコ取りでどうよ

ここ最近、ドイツから周辺の国へ出かける事が徐々に増えて来てて、むっちゃ楽しくなってる。
今、僕のビザではドイツのお店や企業で働く事が出来ないので、友達から撮影等でお礼を貰って細々暮らしてる。
本当友達には感謝しかない。

生活レベルは底辺なんだけど、それとは裏腹に、バスで一日かけて新たな土地に行ける日々は、むちゃくちゃ興奮する。(ビエラがそれでも楽しそうで本当助かってる!大好き!)

東隣のチェコ

もっとみる
涙で画面が見えない。
15

一時帰国します!

チェコへ引っ越す!って計画から、ベルリンに引っ越す!に変わってしまったのが2週間前のあの日。

これまでの計画が振り出しに戻ってしまって、ちょっと気が抜けた夏休み。
ベルリンでの家探しや新たなビザの申請、ヨーロッパで初の展覧会の準備などなど、やる事は山盛りの中、これは、、、一瞬日本に帰ろう!と決めたのが昨日のこと。

武蔵、動きます。

突然ドイツに来てから、なんと帰国は3年ぶり!!(まじか!!)

もっとみる
うそ!!
9

London (1)

-2010-
London, England

無事治験の入院期間が終わり、空き時間が2週間程出来た。

街で貰ったレゲエパーティーのフライヤーが洒落てたので、夜、一人で行ってみたら、すぐに面白い友達が出来た。
スペイン人のグループで、みんな友達なのかと思ってたら、半分くらいはさっき知り合ったんだとか。

時々こういうミラクルな出会いがあるから、酒を飲まない僕は、とりあえず退屈したら踊りに行くのが

もっとみる
涙で画面が見えない。
10

ロンドンで取り立て屋になる

-2010-
London, England

ロンドンで治験か、よし!行こう。
メールのやりとりをしながら、約1週間後にはロンドンに飛んでた。
熱くて甘いサルサダンスと引き換えに、バッチリ持ってたカメラを失ってしまった僕は、今じゃ考えられないくらい単純明快だった。
悩みゼロ。
薬のテストでカメラ代を回収か、やってやろうじゃないか。
他に今すぐ稼ぐ手段なんて思いつかない。

今回のテストは約2ヶ月

もっとみる
え!!!
3

計画は、あくまで計画だから計画なのだ!2019

何かを始めるには、大抵の場合計画が必要だ。
ただ、その計画がいつもその通りに行くとは限らない。
いや、その殆どが計画通りに行かないんじゃないだろうか。

ふとしたきっかけで、人生は思いもよらぬ方向へ行ってしまう事は、大抵後で気づくのだけど、よくある話だ。

現在、隣国のオーストリアのウィーンで暮らすヨガ師でデザイナーのゴウ君と出会ったのは、かれこれ10年前の事。

当時、グアテマラの大きな湖の辺り

もっとみる
うぅっ。
7

旅言

-2010-
Santiago de Cuba, Cuba

ヘイ!ヤマン!
初対面かどうかは関係ない。
波長が合うか合わないかで、
その先の未来が決まる。

【感想がレターポットだと最高なんです】

もっとみる
あああっ!!
5

Havana 02

-2010-
Out of Havana, Cuba

I was visiting some village with one Rasta man...
I don't know where was that. (even I can't remember what his name?)
but I sow beautiful local life was there.

3度目に偶然公園で再会

もっとみる
え!!!
3

カリフォルニアからキューバへ

-2010-
Sanfran cisco to Mexico city

サンフランシスコからメキシコまでバスで行ってみようと思い立ち、グレイハウンドでバスチケットを取った。

日本を出てから2年が経とうとしていた。
人間の適応力の高さには本当に驚く。
いつの間に、移動しながら生活するのに何のストレスも感じなくなってるのだ。(むしろ快適!)
言葉の問題も、2年前の、一人で買い物すら出来なかった頃か

もっとみる
ほんまに!?
1

アメリカLIVEツアー2019 日程:4/23現在

【アメリカ滞在&LIVEツアー2019】

昨年5月から続いているアメリカ東南部を中心としたライブ・ツアー。
3月のテキサスへの遠征に引き続き、
今週からニューヨークやオハイオ、ペンシルバニアへ遠征します。

そして6月にはインディアナへの遠征も決まりました〜!

Googleマップはここに埋め込めないので、画像を貼っておきますね〜
昨年夏に2ヶ月の休止期間があったけど、ブッキング数が100を超え

もっとみる
うれし〜♪
1

月5万円で楽しく生きられたらコレ最高

中米を旅してた時に、月5万円あれば割と余裕で生活出来る事を知って、ものすごい人生の選択肢が広がった。

物価の安い土地での旅暮らしは、宿代と食費と移動代さえ稼いでいれば、残りの時間を全て自由に使える。

やりたかった事をとことんやっても良いし、バリバリ仕事して稼ぐのも良い、思い立ったら別の場所に移動するのもいいだろう、誰かの為に好きなだけ時間を使う事だって出来ちゃう。

今の日本で、収入と時間を同

もっとみる
うそ!!
14