明るい離婚計画

それ、絶対出ていかないよ【揺さぶり】

「絶対出ていかないよ。言ってるだけ。そうやって反応を見てるんだよ」

友達も、相談した専門家の方も、私の母も、全員がそう言った。
夫が「家を出ていく」と言い出した時のことだ。
揺さぶりをかけているだけ。それが大方の見方だったし、私も実際そう思った。自分の思い通りにいかなくなって、キレて、パニックになって、現実から逃げる。

ずっとずっと逃げてきた人生だもんね。仕事で上司が気に入らないと辞めてきた。

もっとみる

ストレス

夫のことをカウンセラーに相談し、話を聞いてもらっているのだが、とにかく流れをわかりやすく・・・と思ってまとめようとすると、頭がぼーっとしてきて文章がまとまらない。noteに書き連ねていても、旦那のこととなると自分の文章が素人くさくて目も当てられない。

何年文章の仕事をしてきたんだ、とくぅーっと悔しい思いも焦りも苛立ちもわきあがってくる。面白くもないしわかりやすくもない。夫のことを書こうと思うと、

もっとみる

逃避夫と臨戦妻

夫と話し合うと、必ず「言った、言わない」の水掛け論に発展する。

その時に自分が発言したこと、やらかしたこと。自分に不都合なことは見事なまでに忘れるか、記憶を改ざんして自分を正当化してしまう。

私は正直、忙しさもあるし記憶力にもそれほど自信がないため、堂々と「俺は言ってない」「それはお前の解釈がゆがんでいる」と言われると、「そうかもしれない・・・」と思って口をつぐんでしまう。

人間の記憶はあい

もっとみる

自分の言動をカッコ悪いと思わない。

たとえ実際に思ってしまっても、「これを言ったらカッコ悪いよな」と考えて、表に出さない気持ちってあると思う。
夫にはこれがない。

たとえば。
まだ子供がうまれていなかったとき、二人でご近所のカフェにふらりと立ち寄った。カフェの店員さんが、「ご夫婦? 奥さんとってもおしゃれですね」と、私を見てから夫を見て、嬉しいお世辞を言ってくれた。
でも夫は不機嫌になる。
「オレのほうがおしゃれなのに」。

恥ず

もっとみる

自己愛とアスペルガー

結婚後、夫は定期的にモラ夫になり、イラ夫になる。
これはモラハラ気質?自己愛?が、一般的に語られるそれよりもやや軽度だからなのか、それとも、モラハラかつ自己愛の強い人によく見られることなのか、身近に夫しかそういう人を知らないのでよくわからない。

ただ、仕事柄、発達障害を抱える人や子どもたちに関わることが多いので、彼らがストレスに非常に弱い、ということはわかる。夫も結局、調子よく生活している時はい

もっとみる

他人に関心がない、ということ。

例えば、自分のパートナーがイライラしていたり、しょんぼりしていたりしたら、「何かあったのかな」と考えるのが一般的だと思います。普段はもっと優しいし、笑顔も見せる人なのに、今日は言葉もきついし態度も粗い。片付けもせずお酒を飲んでいる……。

「どうしたの? 何かあった?」

一緒に住んでいれば、自然に口について出てくる言葉です。もちろん、思っていても、感じていても、「そっとしておこうかな」と考えてあ

もっとみる

本日のイラ夫消化メモ

朝のイラ夫。ゴミ箱に捨てられている焼きそばの麺2セット(イラ夫が購入後、全く作りもせずに置いてあったもの)を見て不機嫌に。

「ねえっ・・・。なんで焼きそば捨てたの」

普通の旦那さんでも、おそらくゴミ箱のぞいて全く手のつけられてない食材が捨ててあったら、尋ねるでしょう。でも、文章では伝えられないその時のイライラオーラ。表情も怒り気味。私が勝手に捨てたと脳内変換している気配。これ、新婚当時からよく

もっとみる

淡々と、離婚計画たててます。

思い通りにならなかったり、ストレスがたまったりすると、パニックになって論理の破綻したことを言ってくる旦那。愛情があったから我慢してやってこれたけど、ここにきて我慢の限界を飛び越え、愛情メーターのメモリはゼロを越えてマイナスへ。二人の子供を育てるために、感情的な離婚ではなく、ある程度しっかりと計画をたてて離婚しようと考えています。

外では「よく出来た旦那様」と評判の主人。
そんな主人と決別し、子供

もっとみる

2019年、自立宣言

あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いします。

病気元年と言っても過言ではなかった2018年

昨年を振り返ると、まさに怒涛の1年でした。
旅先の事故からの緊急手術。
からの再縫合手術。
からの自然災害で被災。
年末に再度入院。

もうこれ厄年かな。
本厄確定で良いよね。
何年分かの厄年前借りしてるのかなってレベルです。

色んなことが重なって、完全に私の仕事を辞めたのも

もっとみる