望月の歌

「望月の歌」に関する私見

2018年11月23日は、藤原道長がかの有名な

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

という歌を詠んでから、ちょうど1000年目の満月です。

2018年11月23日の月 藤原道長が「望月の歌」を詠んでから1000年目の満月

この歌は、当時権力の絶頂にあった藤原道長が自らの栄華を誇らしげに詠んだものであるとされています。が、道長自身はこの歌を、実は闇に葬りたかった

もっとみる