見出し画像

「望月の歌」に関する私見

2018年11月23日は、藤原道長がかの有名な

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

という歌を詠んでから、ちょうど1000年目の満月です。

2018年11月23日の月 藤原道長が「望月の歌」を詠んでから1000年目の満月

この歌は、当時権力の絶頂にあった藤原道長が自らの栄華を誇らしげに詠んだものであるとされています。が、道長自身はこの歌を、実は闇に葬りたかったのではないかと思われるのです。

日記に記されなかった望月の歌

その根拠として挙げられるのが、藤原道長が遺した『御堂関白記』と呼ばれる日記です。

実は道長、かなりの筆まめだったようで、20年以上に渡って日記を書き残していました。政治に関する覚書や各種行事の進行に始まり、天皇が言うこと聞かないムカつくとか、孫が生まれたヒャッホウとか、日々の記録が事細かに記されています。

が、1018年の今日の日記には単に一言「歌を詠んだ」とあるだけで、「望月の歌」は載っていないのです。

誰が望月の歌を伝えられたのか?

望月の歌は、藤原実資(さねすけ)という貴族の日記『小右記』に記されています。

実資は当時最高レベルの知識人であり、道長の権力におもねることなく自らを貫き通した人物でした。

彼は望月の歌だけでなく、歌が詠まれた経緯までも事細かに記しています。それによると、望月の歌に関する意外な解釈が見えてきます。

再現ドラマ・望月の歌

1018年11月23日、宴会の席で酔っぱらった道長は、実資を捕まえて言いました。

「実資くん、今ちょっと歌を思いついたんだけど。ほんとに即興だから期待しないで欲しいんだけど、聞いて返歌もらえない?」

「はあ、いいですけど。どんなのですか?」

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」

「……(うわ、何言ってんだこのオッサン)」

「ど、どうかな?」

「……(ないわー。マジないわー)」

「あの、実資さん?」

「あ、失礼。あまりの見事な歌に感動して言葉を失っていました」

「え、なんで目が冷たいの? なんでセリフ棒読みなの?」

「いや見事です。完璧な出来すぎて、返歌なんてできません。そうだ、皆で唱和しましょう!」

「え、え、どゆこと?」

「さあ皆さんご一緒に!」

(一同合唱)「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」

「なにこれ恥ずかしい! やーめーてー!」

消せない過去

普通、人は自らの恥ずかしい知られたくありません。

記録魔の道長は記録を残しておきたかったけれど、さすがに詳細に記すのは恥ずかしすぎる。そこで自分だけは読み返した時に分かるよう「歌を詠んだ」とだけ書いておいた。

が、道長のことをあんまり良く思っていなかった実資が、嫌がらせの意味でバッチリ記録していた。

これが道長の『御堂関白記』ではなく実資の『小右記』に「望月の歌」が載っていた真相ではないかと思うのです。


1000年かー、すごいなーと思って色々調べているうちに謎の考察を始めてしまったという話。特にオチはないです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 小難しい話からアホな話まで、気の向くままに書いてます。 「スキ」を押すと、これまでの記事のエッセンスやどうでもいいネタがランダムで表示されます。

魚にイチゴクリームを食べさせようとしていませんか?

U.T.パートナー

企業の可能性を引き出し「やりたい」を「できる」に変える「経営のパートナー」です。 noteには経営に関する蘊蓄、歴史や旅のネタ、気になった本の紹介などなど、色々書いていきます。 お問い合わせはこちらへどうぞ utpartner.biz@gmail.com

歴史の話

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。