未二観

澤さん、なんで未二観が好きなんですか。  (メルマガ『生きているQ』より)

この記事は、㐧二音楽室のメルマガ『生きているQ』の配信記事を加筆修正してお届けしています。(ご登録はこちらからどうぞ。)

こんばんは。澤です。

聴いていただき、
ありがとうございます。

昨日、『「あなたの時間」に起きたこと。』

をしているときに
こんなことを聞かれたんです。

「澤さん、なんで未二観が好きなんですか?」

一瞬、答えに窮しました。

当然のことすぎて
考えたこともなかったか

もっとみる

実話の魅力。

今日は『あなたのじかん』という形で、15分、未二観(みにかん)の形でお話を聞かせてもらい、その後『「あなたの時間」に起きたこと。』という仕事で、15分を文字起こししたものをいっしょに読んでいった。

そんな未二観デイの最後に「どうして、澤さんは未二観が好きなんですか?」と尋ねられて「そう言えば、考えたことなかったな」と思った。

でも、答えは、次々に出てきた。

人が注意を向けることのできないくら

もっとみる

『あなたのじかん』を、よかったら。

もうすぐ9月、ということで、1日(日曜日)から新しいことをはじめたいと思います。

タイトルは『あなたのじかん』。

すでに『「あなたの時間」に起きたこと。』

という仕事を手がけていますが、ここで「あなたの時間」と呼んでいる15分、未二観の形でお話をうかがう時間をご提供します。

無償で。

きっかけは、先日、とあるサイトを見たことです。

「話し相手・愚痴」とカテゴリー分けされ、1分100円と

もっとみる

天によって完ぺきに決まっていて、それが故に自由。

昨日、夏バテしていたので、スマホやパソコンから離れ、静かにこの本を読んでいた。

西村佳哲さんが様々な仕事をされている十人にインタビューしたものをまとめた本。いつ読んでも、栄養価の高い食事をとったときのような充実感がある。

頭から読みはじめて、中盤に軽井沢の風越学園の理事長(実際には準備財団の理事長のようだ)をされている本城慎之介さんの章があった。

その中の、インタビュー本編に入る前のこの文章

もっとみる

赤ちゃんと私。

げんこつやまの たぬきさん
おっぱいのんで ねんねして
だっこして おんぶして
またあした
(童謡『げんこつやまのたぬきさん』より)

今日は「『あなたの時間』に起きたこと。』という仕事の初回だった。

15分間語ってもらったことを録音して、文字起こしし、後日それを丁寧に読み解いていくというこの仕事。

最初の体験者になってくださったのは、北海道に住むお母さんともうすぐ一歳になる娘さんだった。

もっとみる

筋を通す、ということ。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
(童謡『通りゃんせ』より)

「その筋なら入ってくる感じがする」

と、彼女は言った。

今日の大阪、石切での『未二観レビューの手ほどき』での一場面。

ずいぶん長い間、二人はやり取りしていた。
円坐だったので、場の全員が二人の話を聞く形になる。

彼の語る言葉は、聞き手の彼女に届いていなかった。
ぼくもいま一つつかめない感じがあった。

一生懸命、

もっとみる

春の夜の夢の如し。

奈良石切での『未二観レビューの手ほどき』四回目が終わった。

前日の『円坐影舞空棺』を含めて、実に充実した時間だった。

でも、まだこの二日間の出来事を振り返る気にはなれないし、そもそも言葉にならない。

いまは、最後にした影舞とかけてもらった言葉のじーんとしたあったかみがあって、

幸運な人生だな、とただただ思うばかり。

ほかほかだ。

そんな中、参院選があって、吉本興業が揺れている。
どちら

もっとみる

本気の人に来てほしい。

「やっぱり言いたいことがあって」

と、その人は話しはじめた。

昨日に続いて、場所は名古屋の西念寺。
火曜日にひらかれた『くにちゃんと、ミニカンの会』の一場面。

この会の案内文には、主催の奥さんの叔母さんのことが書かれている。
それについて考える会だと思ったのに全然内容が違う。ちょっと残念。

彼女はそう言った。

ギクッとした。

そのとおりだったからだ。

ここまで、会は充実していたが、叔

もっとみる

ケンカも辞さない。

「嫌いだな」

と、僕は言った。
おととい、名古屋の西念寺で開かれた『くにちゃんと、ミニカンの会』で、録音機から再生された僕の声。

この日、くにちゃん(橋本久仁彦さん)に読み解いてもらったのは、僕が嫌いなことについて語った時の文字起こしだった。

僕は、人前でなにかを嫌だと言うことが、ほとんどない。
嫌だと思うようなところには、最初から近づかないからだ。
だからその語りは、自分でも珍しく感じた。

もっとみる

絶句名古屋。

昨日のこれ。

うちの奥さん、ゆりちゃんが、くにちゃんこと橋本久仁彦さんをお招きしてひらいた会。

すごいよかった。

なのに、翌日の気分は晴れない。

そう言えば、前回、名古屋にくにちゃんをお招きしたときもそうだった。

今回も思わず、普段食べない菓子パンや、インスタントラーメンまで食べてしまって、いま頭が痛い。

感想を文にしたかったけれど、まだ絶句していて出てこない。
しかたなく歌をつくった

もっとみる