海外就労

私が発信を続ける理由

こちらの記事に丁寧なコメントをいただきました。お返事を書いていたら長くなりそうだったのと、私が日々発信する思いを皆さんにお伝えする良い機会になりそうなので、ここにお返事を書くことにしました。以下、いただいたコメント全文とお返事です。

まだ年寄りではないつもりだけど、理解力が萎えているのか、せっかく良いことが書いてある記事だと思うのに理解できない。

アメリカで学んだ経験から、記事にある北米文化、

もっとみる
ありがとうございます。またの♡をお待ち申し上げております!
25

「どの国に移住するべきか?」で悩み過ぎている人に伝えたいこと

インドネシアに住んで4年目になりますが、「なぜインドネシアなの?」とよく聞かれます。「バリがあるから?」とか「親日的な国だから?」とか「四季がなくて年中暖かいから?」とかよく聞かれます。

ですが、実はインドネシアじゃなければ絶対ダメ!という理由なんてないんですよね。

まさにこれなんです。

そもそもなんですが、人生で一度も暮らしたことがない国の良し悪しを、文字情報だけで比較して優劣をつけるのっ

もっとみる

会社より、自分に忠誠を尽くす時代

柳井社長は「優れた人材にはチャンスを与え、それに見合った教育や待遇が必要だ」と説明する。問題を改善し物事を変えていく力や常に新しい事に挑戦する積極性といった資質を重視する。

カナダで働いて20年ほどになる。ここ15年ほどは大学職員をやっていた。

上の記事を読んでまず驚いたのは、柳井社長のこの発言。えっ?日本の企業では、こんな当たり前のことがまだ実施されていないの?能力も違う、資質も違う人間の扱

もっとみる
ありがとうございます。またの♡をお待ち申し上げております!
56

実感する”学歴と仕事”の関係

私は大学を中退して留学し、帰国後に通信制短大を卒業しました。

つまり4年制大学ですら無い上に、当然ながら有名大学ですら無いです。

私は、これまで学歴で困った事はほぼ無かったのですが、海外で仕事をしていると❝学歴がある程度重要❞であると実感する事があります。

もし、あなたが海外でのキャリア等を考えている学生や若い世代であれば、参考になるかもしれません。

1、海外就労には4年制大学卒が最低条件

もっとみる

「ノブくーん、スペイン語のゲストのアシストをお願いできる?」「OK、やってみる」

僕は「言語」と「シェア」で人生を切り開いてきた。(3)

僕にとっての4つ目の言語スペイン語を勉強し始めたのは、
2013年、僕が21歳の時だった。

念願の米国フロリダのテーマパークで年間就労を始め、
段々と日頃の仕事に慣れた時だった。
アメリカ人のゲストだけではなく、南米からゲストもパークには来るので、
迅速、かつ、丁寧に接客をしたいと、スペイン語の勉強を始めた。

スペイン語は語源がラテン語

もっとみる

ベトナムで1年間働いて来て今思う事

まだ1年だが、長かったような早かったような。

仕事で来ているので、会社を任されている個人的な意見としては1年で多くの事が身についたし、ビジネスの幅も広がってきたと思う。

この地で働くという事は、ベトナム人と働くという事だ。

つまりは、ここが1番難しい所ではないかと思う。

私は未だにベトナム人を表面的な印象でしか理解していないだろう。

勿論、文化や言語も違うし、同じ時を生きていても時代が違

もっとみる

「何か自分でアクションを起こして、自分で仕切って、わーとするのが好きなんです」

・元バンドマン
・3つの会社を経営
・ロンドンで異業種交流会を運営

沢山のチャレンジをしてきたKazuさん。

約20年前にイギリスでバンド活動をしていたKazuさんがロンドンで起業するに至った経緯

発足一年で350人の登録者数を抱えるコミュニティに発展した異業種交流会についてなど

たくさんのことを話してくれました。

ポッドキャスト「ロンドンの人たち」では、海外に住む人との会話を通して

もっとみる

勝ち組負け組(カオスで働く私は負け組)

貴方は自分の事を勝ち組負け組という括りで仕分けした事があるだろうか?

私はというと、カオスなベトナムで仕事をしている30歳の年収約570万の独身だ。

私は常日頃から「今の俺は負け組だ。マジでじょぼい。このままじゃヤバい」と思って生きている。それは、ネガティブ思考な意味ではない。

そして、今の自分は間違いなく負け組であると自負している。

理由としては、勝ち組負け組は個人の価値観によるところだ

もっとみる

ベトナム所得税[PIT]マジ高い!!

ベトナムで就労されている日本人なら誰しもが、ベトナムの個人所得税の高さに頭を悩ませて、相当イラついているでしょう。

私もその1人で「なんでこんな腐れゴミ役人どもの猿の為にこんな税金はらわなきゃならねんだよ。しかも恩恵・還付皆無どころか、外国人は損ばかり」と愚痴っております!!

ここでベトナムの所得税[PIT]の税率を見てみましょう。

税率は5%~35%となっております。

勿論、多少の控除は

もっとみる

海外現地採用人材マジ使えない説

海外での就労者は駐在員か現地採用の2つに分かれる。

日本の本社に採用されて海外子会社に出向となれば駐在員となり

海外の現地子会社に直接雇用されれば現地採用となる

私はASEAN3か国での就労経験の中でこの駐在員と現地採用の両方を経験してきた。

その中でも「現地採用は使えない」というのは、どこの国でもよく聞くセリフだ。

2年前、バンコクで駐在員をしていた時、営業先の社長と談話していたら「そ

もっとみる