渋い

Calling you

1987年、ベルリンの壁が崩壊する前に公開された、西ドイツの映画「バグダッド・カフェ」

私は、30年くらい前の大学生の時にはじめてこの映画を見たのですが、映画全体に漂う心地よい浮遊感と渋さに当時の私は、すっかりヤラれてしまいました。中でもジェヴェッタ・スティールが歌うテーマ曲の「Calling you」は、本当に素晴らしい曲ですね。

その後、たくさんのアーティストによってこの曲は、カバーされま

もっとみる

古くて渋くて新しくてナウい

山手線内で古い家を見つけました🏠


料理屋さんですが、板や石の古さから相当なものだと感じました。


周りがコンクリートの建物ばかりなので、かなり目立っていました。


駅前には簡易サテライトオフィスなるものがありました。


同じ建物とはいえ、100年くらいの時間差を感じました😮


今の20代のうち約2人に1人が100歳まで生きるそうです。


僕は今年で25歳なので、長生きしたらあと7
もっとみる

金沢って有名だよね…?

私はこの夏、金沢に行く。北海道を出発して、関東の方を少し回り、金沢の方まで行って帰ってこようと思っている。

私が金沢旅行を思い付いたのは、友達が金沢の話をしているのを盗み聞きしたからだ。金沢と聞いて、なんとなく古い街並みをイメージし、それから21世紀博物館や、うみみらい図書館を思い出して、自分も行かなくてはと思い立ったのだ。

そんなわけで、私は金沢と聞いて割りとすぐに、たくさんの観光スポットを

もっとみる

登場人物ほぼほぼおっさんなのに死ぬほどかっこいい漫画

日本史は好きでしたか?ちなみに私はめっちゃ苦手でした。平安時代で力尽きました。(世界史派)

でも、高校の時の日本史の授業で覚えてるワード何?って聞かれて、たて穴式住居しか出てこないって人でも、きっと本能寺の変は聞いたことあると思います。

この度どハマりした漫画『信長を殺した男』は、いかにして本能寺の変に至ったかというのを明智光秀目線で描いているんですけど、これがありえないくらい面白いんですよ。

もっとみる

ボトムズのカッコよすぎる次回予告の話。

こんにちは!

ダイネンジヤマ・アイショウです!

皆さん好きな「次回予告」ってありますか?

多分、あんまりそこ焦点当ててみてないと思うのですが、次回予告って結構その作品の特徴を端的に表している部分だと思うんですよね。

例えば、野沢雅子モノマネでおなじみドラゴンボールZの次回予告。

「おっす!おら悟空!!」という悟空の会話パートから始まる軽妙な次回予告は、どんな死闘を演じている回であってもブ

もっとみる

PARAMETER のフィクサー感!!!

最近は完全シャバ復帰に向けてあれやこれやとせわしなくしてる。

まだ完全体じゃないので試運転しか出来てないけど

師走に向けて

自分も怒涛のテイラー展開真っ最中である。



↓ <テイラー展開を体感したい方はこちらへ>

自分はもともと大学で難しい数学を学んだ人間ではなく

高校も途中からグレた?のでそこからは真面目に勉強もして来なかった。

めちゃくちゃに数学が得意だったわけでもない。

もっとみる

柿を食べながら思う

柿って甘くて美味しい

食べながら、たくさんもらった柿の山を見て考えた

小さいうちに渋柿を食べておいたほうがいいなぁ

だって渋いってどんな感じかわからないまま大人になっちゃうと困るでしょ

子どもの頃、渋柿に当たって、口がジュワジュワする~って親に訴えたのを思い出す

渋いって表現難しい