竹山謙三郎

木造建築を科学化せよ!|〈創造的代用〉としての新興木構造【2】

戦時下の日本では木造建築も戦争に動員されました。

「飛行機格納庫は物置みたいなもんで戦勝に貢献しないんだから、そんなものに鉄やコンクリートを使うな」と軍部から命令が下ったことを受けて、戦時下の日本では、格納庫や工場、講堂といった大空間建築を木造で、しかも国産の細小材で造る技術が研究開発されました。それが「新興木構造」。

前回の投稿では、大蔵省営繕管財局に勤める建築学者・竹山謙三郎(1908-1

もっとみる
ありがとうございます!
3

木造建築を動員せよ!|〈創造的代用〉としての新興木構造【1】

「しんこーもっこーぞー」ってご存じでしょうか。漢字では「新興木構造」と書きます。戦時中、建物に鉄なんか使ってられない状況にあって、木材、しかも細小材を使って大空間(飛行機の格納庫とか)をつくる技術です(図1)。

図1 新興木構造の施工例

この「新興木構造」の研究開発をめぐっては、鉄が使えないという消極的理由を積極的な意義へと読み替えていくアクロバティックな「語られ方」が見られるほか、そこでの努

もっとみる
うれしいです!
23