素数

かれのなぞをとく

ある夏の日のことです。
高校野球の予選をテレビで見ているとちょうど、打者がアップでうつったところでした。

彼の打率は.579。

しかし何打数何安打なのか、見落としてしまいました。そこで、それを求めることにしました。という事で暗算のはじまりはじまり。

まず、解く前に思ったのは3つ。それは

1. 試合数から考え、打席数は2桁ではないか
2. 打席数も安

もっとみる

謎解き制作における難易度設定と素因数分解

【問題】
9991を素因数分解せよ。

 これは謎解きでも何でもない、普通の数学の問題です。もしかすると、この問題を見たことがあるという人もいるかもしれません。一見すると面倒そうに思えますが、少し工夫をすると簡単に解くことができます。

 今回は、謎解き制作と素因数分解のお話をしたいと思います。文章を読んでいけば問題の答えがわかるので、是非とも最後までお付き合いください。

 コンピュータのセキュ

もっとみる

マヤ暦銀河の音13とは

〈マヤ暦における13とは〉
マヤ暦(カレンダー)において13という数字は、「宇宙の定数」と呼ばれるとても大きく深い意味を持った数字です。

そう呼ばれる背景に、月が地球の周りを回る公転周期が1年で13回巡るとか、亀の甲羅の紋が合計で13だとかがあげられています。

それだけでは、宇宙の定数とまで言われる13の数字を理解するのに余りにも情報が少ないので「宇宙の定数」「銀河の音」と名付けられたこの13

もっとみる

YouTuberはなおから学ぶ尽きない表現術

大人気YouTuber 「はなお 」👦🏻

彼の
「大人ならどんな本だろうが読書感想文を余裕で書けちゃいますぅ」の動画を見ていて、、

会話中、また編集上でも出てくる単語量が
他のYouTuberより格段に多い事が判明。👩🏻‍🔬

頻発ワードは 「事案 」 「素数」など。

日頃使わないようなワードをナチュラルに使う為
私のような単語脆弱者は、「へぇぇ!」と毎回
感嘆😳😳させられる。

もっとみる

小学生プログラマー大会を観て思わず行動開始した話【Diary】19

昨日、迫 佑樹 (さこ ゆうき)さんのメルマガで、

「Tech Kids Grand Prix」決勝プレゼンテーション

という、小学生プログラマーたちのプレゼン動画が紹介されていた(YouTube)。
(このnote を書いてる途中もつい見入ってnote を書いてることを忘れてしまっていた。)

昨日の積み上げ

◆note記事 1本生産
◆短い筋トレ
 ・腹筋(YouTube)2m 1回(夕

もっとみる
ありがとうございます^^!
7

素数がすき

いつだったか宴会で好きな数字の話になったことがあります。

そこで人気が高かったのは偶数。
6とか8とか12とか。
いろんな数で割り切れるのが気持ちいい!という意見を聞いて、なるほど、と思った記憶があります。

実は私は偶数派ではありません。
しかもできるだけ他の数で割れない数字が好きなので、奇数派というより素数派です。

◻︎

自分に数字が割り当てられることが人生では時々あります。
受験番号だ

もっとみる
ありがとうございます(*´∇`*)
10

僕の人生がつまらない理由

小学4年生の頃「1から10までの全ての数で割り切れる一番小さい数っていくつなんだろう?1×2×3×4‥×10なら割り切れるんだけど‥」って言ったら「でももっと小さい数でも割り切れるよね!僕も同じことが気になってた!!」って言ってくれた友達がいて、そのときはじめて「理解された」と思った。

その後で僕らは「素数」という概念を知って、さらに「約数」という概念を知ることになる。 そのときのワクワク感とい

もっとみる

R:素数を。求める。Part2

こんにちは。今回の記事は下の記事の続きです。

やること

・割り切れる数はn/2以下でしか存在しない
・3回以上割り切れたら中断(K≧3になったらbreak)

今のとこのコード

cN <- 10000So <- NULLTimer <- proc.time()for (i in 1:cN) {k<-0for (j in 1:i) { if( i %% j == 0) k <- k+1

もっとみる
ここまで読んでくれてありがとう!
1