始めます。

こういうことはあまり書き慣れてないですが。

何故ブログを始めようと思ったのか。

「表現」と「伝える」二つのキーワード。

「表現」は、自分らしさや個性を表現すること。

「伝える」はただただ伝えたい想いから来ました。

自分という人間を受け止めてくれ好きだと言ってくれた時、こんなに心が満たされたことはほとんど無かった。

それだけ自分以外のもう1人の自分を表現していたこと。

それだけで生きづ

もっとみる

理想の生活を妄想しながらたらたらと書いてみた。

生きるって素敵なこと。
せっかくだし素敵な生活がしたいなぁって思って
なんとなーく理想の生活でも書いてみることにした。

言葉にしといたらいつか叶えられるかもしれないし。

ちなみに私は朝型でカフェとかお洒落な雑誌とかが好きな人間。

もし共感するところがあったり、あなたの理想の生活ってのが
もしあったら教えてくれると嬉しいです。

なんでもないけどただの1日じゃない1日

私の理想の生活をするに

もっとみる

ときどき、「日常」をちゃんとケアしてあげること。

忙しさが続くと、奮発して値が張るお洋服やアクセサリーを買ったり、美容院に駆け込んで極上トリートメントしたり、マッサージへ行ったりコンビニスイーツを時間を気にせず食べたりしてしまう。
これはストレスの発散の手法としてはどれも間違っていないと思うし、こういうのをモチベーションとして仕事を頑張っているとも言えるかもしれない。

だけどふと、自分の外見やその時々の身体のケアはしてあげているものの、ちゃんと

もっとみる

👠ヒールを履いて。背筋を伸ばして。

165㎝。
平均より高い、この身長が凄く嫌いだった。

女の子は小さい方がいい。
男性は小さい子の方が好み。
などこからか聞こえてきたそんな情報に苦しめられてきた。

高身長は一番のコンプレックスで、
猫背が私の癖だった。
ハイヒールが大好きだったけど、出番はいつもお部屋での一人ファッションショーの時だけ。

でも、あるとき、当たり前なことに気づいた。

小柄な可愛らしい女の子にどんなに憧れても、

もっとみる

📚️「教養深い人」になりたい

教養深い人になりたいと強く思っている。

45㎏になりたい、
クローゼットの中をお気にいりのお洋服でいっぱいにしたい、
誰もが見とれてしまうほどの美しい容姿になりたい、
素敵な彼が欲しい、、、

願いは次から次へと溢れてくるけれど、いつからか「教養深い人になりたい」という願いが一番先頭に来るようになった。

「容姿」に強くとらわれ、苦しめられていた中高生時代の私が知ったら、驚くに違いない。
変わっ

もっとみる

Aviciiのthe nightsから学ぶ

あ、いきなりですが洋楽とか聴きますか?

今回お話したいのは
2018年に28歳という若さで
亡くなってしまった

スウェーデン出身の DJ Aviciiの
the nightsって曲って知ってますか??

私は同じ仕事をしている
可愛い関西の女の子が話してて
再度聴き直して、

やっぱりいいなぁ〜好きやわ〜!!
ってなったので紹介します!

調べてみたら
この曲は父と子の男の約束の曲みたいです!

もっとみる

格言_180927

いくつになったって、

自分の人生をより価値あるものに

するための努力をするべきだ。

何の問題も起こらない人生が、

素晴らしい人生なわけが

ないのだから。

カーネル・サンダース

~Shimamurythm~

俳句な空〜╰(*´︶`*)╯♡

おはようございます(*^◯^*)

見あげると
ほんとに気持ちがすぅ〜っと軽くなる
素敵な秋空です!

気温19度(^.^)
湿度67%(^。^)
北北東の風3m(^o^)

モモ~コシ
場所によってはハラサイズの波🏄

な、湘南の朝です〜♪

秋晴れの海果てしなく青い波
(安田かず代)
秋晴れやヨットハーバー眩しめる
(水野良子)
秋晴れや水平線の孤の確と
(松葉律子)

もっとみる

優しい気分の味噌汁〜🍚

なぜだろう?

キモチが優しくなった朝は、
ちゃんとお味噌汁が作りたくなる♪

根っこだけ残しておいた
ネギが、
ちょうど薬味分だけ伸びてるし(^-^)

世の中上手く出来てるなぁ(๑˃̵ᴗ˂̵)

#湘南ガール
#朝食にお味噌汁
#万能ねぎ
#素敵な1日を💕

もっとみる

カモメのオバハン(๑˃̵ᴗ˂̵)

そぉ〜っと
そぉ〜っと
今日も
まだ寝ぼけてる
カモメの群れに近づいてみる(^^)v

いつか
波打ちぎわのあっち側で
彼らの間にすました顔で
一緒にすわってみたいもんだと
思いながら(^^)v

「自由が欲しい時は、他人に頼んじゃいけないんだよ。君が自由だと思えば、もう君は自由なんだ」

「もっとも高く飛ぶカモメはもっとも遠くを見通す」

(リチャード・バック「カモメのジョナサン」)

もっとみる