藪塚

北関東の石造物⑮:藪塚宝篋印塔(牛の塔)

名称:藪塚宝篋印塔

伝承など:牛の塔

所在地:群馬県太田市藪塚町

現在は太田市に編入された旧藪塚本町には、古くから「尾島道」と呼ばれ太田と大間々間を結ぶ街道があり、その道沿いには一基の大型の宝篋印塔が建っており「牛の塔」と通称されている。

京都から仏像を運んできた、あるいは石塔を運んできた牛がこの地で倒れて死んでしまったためにその供養塔として建てられたと言う伝承があるが、当初のパーツは笠と

もっとみる