運命共同体

運命共同体

ある友人の話。

生後3ヶ月検診のとき、彼女のお母さんが私の母に話しかけてくれた。誕生日を聞くと何と一緒だった。もちろん私の記憶にはないけれど、それが彼女との出会い。

私が覚えている彼女との一番古い記憶は幼稚園の通園。バスでわいわいおしゃべりしていた。幼稚園に着いてバスを降りて、かごめかごめをして遊んだ。

同じ誕生日、同じ小学校、中学校に入学した。同じ塾に入って勉強して、見事同じ高校に入学した

もっとみる

柔らかく、脆く、紡いだ日々

いつも1人で何かを守っていた

付き合ったばかりのあなたは、掴んでしまうと壊れそうで簡単に触れることはできないシャボン玉みたいだった。傷つくことを恐れて何層も折り重なる殻に閉じこもって、誰も寄せ付けない雰囲気があって。深いところを聞き出そうとすれば扉に鍵をつけて入らないようにする。思ってもない言葉でフェイクする。弱い事を気づかれないように強そうなそぶりを見せているところがなんか可愛く思えた。

もっとみる

二人の秘密。破ると絶交😱

とうとう、秘密を喋ります。

まっ、昔の思い出ですけど🤣

私の姉は一度決めた事は必ず実行にうつします。強い信念の持ち主です。私と違って。

姉は宝塚の大ファン。そして劇場に一人で観に行くという計画を密かに立てていました。なかなか宝塚が好き!という友達がいないため、姉は一人で宝塚好きを貫いていました。その秘密を私には喋ってくれていて、私もマンガを貸して貰いながら、姉の計画貯金に不本意ながらも協力

もっとみる

運命共同体

76億人の人口の中で
出会う人はほんの一握り。
というか、一つまみ。

その中には
一緒にいて心地よい人ばかりではない。

何故かその人の言動が
一つ一つひっかかる。

何にひっかっているのか?

その言葉を別の誰かが
発したと思って想像してみる。

他の人だと何も感じない。。。

では言葉そのものに
ひっかかっているのでないなら、
何に引っ掛かっているのだろう?

気まぐれで
中途半端なあの人が

もっとみる

「大人のために生きてるわけじゃない」と うつむいた瞳には映らないけれど

苦しくて逃げてばかり自分が情けなくなる だけどみんなと笑ってたどり着きたいんだ

信じること あなたの中に眠ってる力に気づいて あきらめないで

僕たちはなにより強い絆で結ばれている

「結」BY:miwa

妻の「乙女の日」は、「お互いの関係を掘り下げる日」

僕達夫婦は、結婚相談所で知り合ったけど、「いたずら好き」の性格が似ているところもあり、喧嘩をしないまま結婚。

その後、しばらく静かな日常が続いた。

しかし、最近わかったことがある。それは、

「喧嘩をしない」=「相性がいい」

というわけではないということだ。

結婚して半年経過した頃から、少しずつ激しい喧嘩をするようになった。そして、お互いに喧嘩で激しく消耗することになるのだ。

この激しい

もっとみる

夫婦のために重要なこと

「夫婦で大切なことは何か?」をたまに自分に問いかけることがある。

結婚1年目が終わる今、「家族というものは何か?」を考えると、我々は、「運命共同体」であることだ。

「運命共同体」は、何か?ということになるんだけど、1人1人の意識の心掛け次第で、「存在が危うくなること」も「楽しくなることもある存在」である。

例えば、自分の身勝手な行動や、相手を思いやらない気持ちがあったりして、相手の扱いを悪く

もっとみる

2016年2月20日-結婚相手に、望むこと!?

今日は朝からとるさん大忙しです。
9時半から理容院で散髪。それもちょっと遠いところへ。
私はのんびりしてましたが。
大忙しの理由は明日はお食い初めをするけん。
群馬におる母と弟も来てくれるけん、めっちゃ楽しみ。
とるさんは、散髪の帰りに百貨店に寄ってお買い物をしてきてくれる。
午後は共通の友人のえりちゃんが遊びにきれくれるけん余計に忙しい。
しかも天気が悪い。
とるさんはあいにく傘を持たずに出かけ

もっとみる