酒井潤

なぜ私はシリコンバレーにいるのか シリコンバレーで必要なプログラミング力とは

そもそも、なぜ今でもシリコンバレーにいるのか。
綺麗事を無しにして私の答えはこうです。

お金 ・・・日本にいた頃から9倍
働く環境 ・・・8時から4時勤務
天気がもたらす影響

 はっきり言って、これら以外は日本の方が優れています。ご飯も美味しいし、人もいい、サービスもいい。生活するなら日本の方が暮らしやすいです。

もっとみる

アメリカ企業の職場環境のリアル。日本との違い、プログラミングの差は?

給料は日本の2倍から3倍

もらえる給料も違えば、働く環境も日本に比べてはるかに良いものです。

アメリカでは、サービス残業をする人はほとんどいません。
日本人よりも仕事をする時間が短いのになぜアメリカ企業は世界をリードできるのかと思うかもしれませんが、

もっとみる

いざ、転職活動。  海外転職の「コツ」とは

海外転職のための準備ができたら、いよいよ転職活動です。

現時点で職業経験年数が足りなくても、まずは日本のエージェントや現地エージェントに登録しておきましょう。自分が知らなかった企業なども発見できることもありますので、ぜひ登録してください。

もっとみる

誰も教えてくれない海外転職プラン 職種変更、ビザ申請、資格取得って必要なの?

今、これを読んでいるあなたは、海外転職を考えている、もしくは海外転職に興味がある方かと思います。

 海外転職と一口に言っても、様々なやり方があります。私は先に説明した方法で海外転職を実現しましたが、全員その通りやれば海外転職が実現するとは限りません。まずは、あなたがどのようなプランで海外転職に望むのか、考えてみましょう。人それぞれ状況が違う事がありますが、いくつか一般的な流れを説明します。

もっとみる

サッカー選手からシリコンバレーで働くエンジニアへ  海外転職で最も必要なものは英語力か?

まずは、私がいかにして現在のような「シリコンバレーで働くエンジニア」になったのか、お話していこうと思います。

サッカー選手になると思っていた大学時代

 私は高校卒業後、同志社大学に入学しました。私はキリスト教ではないのですが、サッカーのスポーツ推薦で神学部への入学が決まりました。1年時からメンバーに入り、在学中は大学日本代表にも選出され、2001年のU21の東アジア競技大会では金メダルを獲得し

もっとみる

海外転職のススメ はじめに

※100円と表示されていますが、この記事に関しては全文公開しています。購入いただく必要はありません。

 私が日本ではじめて就職した会社で受けさせられたTOIECの点数は、330点台。同期の中で下から数えて2番目で、上司にきつく注意されたほどでしたが、今ではアメリカに移住し、ナスダック上場企業で正社員としてアメリカ人や世界中から集まるITエンジニアと一緒に仕事をしています。

 高校、大学への入学

もっとみる