野生の瞬間

しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像  東京都写真美術館 8/14〜10/14

題名通りポーランドの女性作家の映像展です。
作品だけを見ると女性を強調しているものはそんなになかったかな。

70年代から現在までなんで結構多いです。

初期の頃の映像作品は写真の初期と同じよう感じで、今では当たり前に見られるような手法もこの頃生まれたみたいです。例えばgifなんかにあるループする映像みたいな感じとか。

そのたくさんある中で気になった作品を2点。

<ヨアンナ・ライコフスカ>

もっとみる

もふもふがいっぱい

先日行った写真展「野生の瞬間 ・華麗なる鳥の世界」(東京都写真美術館)が素晴らしかった。

何が良いって、すべてが可愛い。もふもふ。命が宿ったもふもふ。最高だ。



〈シマエナガ〉

シマエナガというのは、なにゆえこんなにも可愛いのか。

これらの写真を撮った写真家の嶋田忠氏も、「シマエナガの前ではみんな穏やかな顔になる。若い女性ばかりでなく、老若男女が『可愛い!』を連発する。きっと、正面から

もっとみる
ありがとうございます! 気に入ってもらえて嬉しいです😆
21

野生の瞬間 華麗なる鳥の世界

鳥類は、メスよりオスの方が綺麗だと思いませんか?(挨拶)

偶然見つけたのですが、東京都写真美術館で、鳥が主役の写真展が開かれます。

まず目を惹くのが鮮やかな色ですね。種類などわからないですけど、恐らく雄鶏かと思います。

セキレイの求愛行動でも書きましたけど、メスの気を惹くために、オスはカラフルな場合多いので、写真展の鳥もオスかな?と、推測できます。

ちょうど夏休みシーズンですし、これから猛

もっとみる