金にならない文章

チーズバーガーにはなれない

チーズバーガーのように、美味しくて手軽で元気をくれる、したしい味わいのものがある。
ロバート・フルガムのエッセイや、「一日一句金言日めくりカレンダー」とか、肩の凝らない、いいマンガ。シンプルに哲学やぬくもりを表現できる才能がねたましい。

ある人に
「松重豊さんのブログはいいよ」と教えられ、読んでみた。
『修行が足りませぬ』
http://matsushige.cocolog-nifty.

もっとみる

1/26 飲み込んで、生きていく

ここ数日、「銭にならない」と銘打っていろいろと書いてきた。親愛なる読者の皆様に、大変見苦しい文章を見せてしまったと思う。

だが、読み書きしている内に分かってきたことがある。結局。俺は未だにバトル感覚だったのだ。

自分と戦う。
周囲と戦う。
世間と戦う。

自分の中の駄目な自分を潰す。
周囲の目を躱す。
世間を見返す。

これでは人間嫌いも当たり前である。だって、「敵」なんだもの。

「なにかし

もっとみる

1/25 銭にはならない「よく考えたら」

関係のないことをかなりぶっちゃけると。自分の文章が解読してもらえているのか、不安。でも、今日も書きます。

そりゃ人目があるとは思ってたけど

よく考えたら俺。

殺人してない
クスリやってない
暴力してない
犯罪やってない

一応、最悪の一線は越えてないのか、俺。いや、まあ表沙汰にしにくい事情と思い込みで学歴パーにしたけど。

そういう事差っ引いてもまだムショには入ったことがないので、まだまだ頑

もっとみる

1/24 銭にならない人間不信の話

陰口は好きではないが、本人へ言いにくいことを他人に言うような話はすることがある。

本人へ言えないのは、やはり諍いのもとになると思ってたりするからだけど。結果としては陰口に近いものである。

多分、こういうことをやっているからだろうか。「人は自分の預かり知らぬところで、いろいろと言っているものだ」という意識が自分にはあり。

実際言われたこともあるので気が抜けないし、人への信用が薄らいでいるところ

もっとみる

1/23 毒にも薬にも銭にもならない話

引っかかり

人に体型を指して「太い」と言われた時、必ず心に引っかかること。「痩せてるほうが健康的」という規範。

自分は太っているから。自己管理ができていなくて。「太い」という言葉に勝手に劣等感を感じて自分を恥じる。

でもそれは見せたくないので力なく笑ったりする。そうでなくても落ち込んだりする。

結果。からかう意図の有無に関わらず、「ああ、コイツは抵抗しない奴か」と思われる。そしていつもいじ

もっとみる