「山本太郎は福島汚染デマを謝罪した」は本当か

※「そのまんま東」は東国原さんかと思われます。

さて、街頭演説でこの件に関して説明責任を果たした、と評価するツイートが2000RT以上されていますが、実のところ私はすでにこの件を調べてあります。ちゃんと確認してから発言します。

この方が言っているのは、7/18(2019)の福島県における街頭演説のことだと思われます。

文字起こしに書いてあることを全て読めばこの記事を読む必要はあんまりないので

もっとみる

日曜日の夜が1%でも憂鬱な社会人へ

梅雨ですね!シニアルの右腕こと高谷です!

日曜日ですね!夜ですね!

天気は完全に梅雨ですね!(2回目)

ジメジメしてると心も曇った感じになりがちですよね😀

で、明日から平日ですと。

しんど、憂鬱...........😭

今回はそんなあなたに伝えたいnoteです!

日曜日の夜が憂鬱になるって、よく聞く話

社会人になると特にこれ、割と毎週耳にするテーマですよね。

ひと昔前に流行っ

もっとみる
ありがとうございます!ぜひオフィスへ遊びに来て下さい!😀
15

『【#参議院選】#れいわ新選組 から #安冨歩東 大教授が出馬 』
→池田信夫氏「安冨はまず『福島の農民は殺人者だ』というデマを流した謝罪から始めるべきだ。」 と。てか、#蓮池透 さんはどうなるんだ?w
#アメブロを見てhttps://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12487266754.html

何度も言わせるな、OTOIRO除名騒動は既に結論が出ているぞ

もう散々言われていることですが芥川氏はOTOIRO側の晒し行為に対して2度に渡り反論をしただけです。

これをリベンジポルノと同等に扱われる筋合いが全くもってありませんね

良く理解できないなら余計な事を言わない方が良いですよ。

どこぞの漫画家みたいに炎上したくなければね

なんでこう何度も同じ事を言わせるんですかね。

まるでけものフレンズ界隈の真けもフレ信者みたいです

最近過去の記事の引用

もっとみる

やくみつる氏、難病揶揄と福島風評デマを4コマ漫画に掲載

見ての通りの内容なので多くは語りませんが4コマ漫画で難病揶揄とデマ拡散を同時にやってのけるのは悪い意味で凄いですね。
これも表現の自由なのでしょうか?
これが許されるなら今後やくみつる氏が何らかの形で揶揄されても文句は言えないですね。

最も、反安倍を掲げた方々は何故か安倍総理への嫌がらせは合法という考えらしいですが・・・。

反安倍は嫌がらせの免罪符じゃねぇぞ!

もっとみる

リクルート社員に飛び蹴り事件。というか、クチコミは消せるのか?

またスゴい話が飛び込んできましたね。

とある美容室経営者がホットペッパービューティーの担当者に飛び蹴りするという事件。

ツイッターではこんな感じで情報が飛んでいたので、まとめられたブログを読んでみました。

前も書きましたが、ほんと今の時代は怖い・・・。

何かあると一瞬で、サロン名も名前も出てくる。

で、WEB上で消せないんですよね。残り続けちゃう訳です。

ただ色々読み進めてみるとGoo

もっとみる

文科省の放射線副読本をめぐって(1)

本日は「放射線副読本」についての意見をもう一度書いてみます。特に、震災関連いじめ・風評被害の視点からアプローチしてみたいと思います。

前回のnoteはそこそこ時間をかけて書きましたが、読み返してみると未熟な点が多くありました。公開後に一部の記述は書き直しました。また、話題を広げすぎたことで議論が十分とは言えない点が多くあったことも問題です。

野洲市の対応をめぐっては、私の記事の公開後、Twit

もっとみる

文科省の放射線副読本をめぐって思ったこと

こんなニュースが話題となっています。

文部科学省が出している放射線副読本をめぐって、滋賀県野洲市の教育委員会が内容を問題視し、回収をしているという報道です。この副読本については、以前から思っていたことがあります。せっかくの機会なので、今回はそんな「放射線副読本」の問題点を少し書いてみたいと思います。

最新の放射線副読本は、こちらのサイトからダウンロード可能です。小学生向けと中高生向けがあります

もっとみる
スキありがとうございます!良ければ他の記事も読んでみてください。
5

阿蘇山の噴火

阿蘇山の噴火報道がありました。ただ噴火警戒レベルは2のままです。阿蘇山が噴火したら広範囲に降灰するリスクはありますが、離れている南小国や高森は勿論、内牧温泉等がある阿蘇市内でも噴石や土石流の危険は考えられません。
しかし熊本の阿蘇山噴火と報道されれば阿蘇周辺、人によっては熊本全部が危険と判断して旅行を取りやめたりするケースが多いあります。
真実の報道は当然大切ですが、風評被害へのフォローも報道の責

もっとみる