駅そば

たびぷらす vol.4-6

(2014年のたびぷらす「富山ぐるぐる」編の再掲です。)

富山のおいしいものは、もちろんまだまだたくさんありますが、あとここでは駅近くで手軽にいただけるものをご紹介します。

まずは富山ブラック!

元祖と言われる、西町大喜の富山駅前店でいただきました。

見るからに味が濃さそうで、ごはんに合う!と言われるのはよくわかる気がします。しかし、それほど重いということではなくて、うまみもちゃんと。クセ

もっとみる

久しぶりの駅そば

十年ぶりくらいの都心詣での折、これもかなり久しぶりの駅そばを食べた。
三島駅での新幹線乗り換え時間が十数分ほどあったので、下車した東海道線の上りホームで食べたのだ。
ホーム上に駅そばの店舗を見つけたときはほとんど快哉であった。近頃、駅そばの営業拠点はだいぶ減少しているからである。
沼津駅ホームにも見当たらなかったし、復路で乗り換えた熱海駅にもホーム上に駅そばのコーナーはなかった。

早速、きつねそ

もっとみる

駅そば再び

どうにも駅そばが気になるのだ。
 しかし私は電車通勤しているわけではなく、だいたい、たまにしか鉄道を利用しないので、必然的に駅そばを食べる機会も少ない。
 駅そばに近いものと言えば、高速道路のSAやPAで食べるそばだが、これとても最近は廉価なものが少なく、ささっと食すタイプの店はかなり減ったように感じる。
 つまらんなあ。
 駅そばの代わりはいわゆるファーストフードにも務まらんのだ。
 こういう駅

もっとみる

失われゆく駅そばへの郷愁

駅そばは各地で衰退しているらしい。
特に地方のJR路線でそれは甚だしく、ローカル線は言うに及ばず、東海道本線のような幹線にあっても、駅そばの店舗はその数をずいぶんと減らした。
私のJR最寄り駅にあっても、ティーンエイジャーの頃は待合室とホームにそれぞれ立ち食い駅そばの店舗があった。
バブル経済がはじけた頃に両方消えたような気がする。

1980年代の東海道本線の急行停車駅には、たいがい駅そばがあり

もっとみる

初めてのゲーム会で、我孫子へ。
久しぶりに我孫子へ行ったので、駅で唐揚げそばを食べた。
ここへ来たら、やっぱり食べちゃうんだよね。せっかくだし。