高安動脈炎

ステロイド+免疫抑制剤で寛解チャレンジ

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgの服用をスタートしたわたし。

服用から数日後に効果が現れ、
症状が治まった寛解状態となりました。

再燃を経ながら、
2度目の10mgにチャレンジしたものの、
体調が思わしくなく、ステロイドの減量のために
免疫抑制剤アザニンの併用を開始。

もともとステロイドの服用を始めるときに、
治療方針として説明はされていました。

ステロイドの減量が上手くいかな

もっとみる

再燃から、ステロイド10mgに再挑戦。

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgの服用をスタートしたわたし。

服用から数日後に効果が現れ、
症状が治まった寛解状態となりました。

仕事復帰をして順調に減量していたのですが、
ステロイドが15mgになったあたりで雲行きが怪しくなり。

様子を見ながら10mgまで減らしたものの、
CRPが上がり始めてしまったため、
先生が再燃と判断して、再度15mgに増やしました。

そこからは慎重に

もっとみる

順調だったはずのステロイド減量、再燃でストップ。

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgの服用をスタートしたわたし。

治療は順調で、
服用から2ヶ月半後には15mgまで減量しました。

しかしその頃、
副作用を抑えるために飲んでいた胃薬で胃炎に。

さらにその後、
風邪を引いてからしばらく体調が思わしくなく、
0だったCRPが、3ヶ月連続で0.5前後を超えていました。

自覚症状としても、
全身倦怠感や頸部痛が復活した気がしたのですが、

もっとみる

ステロイド治療から4ヶ月、胃炎になる。

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgの服用をスタートしたわたし。

治療にあたっては、
副作用を抑えるための薬も一緒に飲んでいました。

しかし、これといった問題は無いまま、
ステロイド治療を始めて4ヶ月ほど経ったころのこと。

身体のとある異変に気が付きました。

「最近ずっとお腹の調子が悪い……」

お腹を下して、トイレに行くことが増えたのです。

もともとお腹が弱かったわたしは、

もっとみる

ステロイドと親知らずの、意外な関係。

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgの服用をスタートしたわたし。

治療は順調で、
服用から2ヶ月後には17.5mgまで減量しました。

そして、15mgになったところで親知らずの抜歯を敢行。
まだ見ぬ下の親知らず2本と、お別れをします。

え?なんで突然?!という感じですが、
これにはステロイド治療を続けるための意味がありました。

というのも主治医の先生から、
ステロイドを長期間服用す

もっとみる

「体の悩みに"実践"」で答えます。

人生において「体の悩み」は大変なストレスをもたらします。
①メタボ(肥満)や糖尿病を長引かせると、ガンや動脈硬化、アレルギー、認知症、うつ病などを発症してしまいますから命がけですね。
 私も、"トドみたい"と言われたメタボ(肥満)から、糖尿病と高脂血症を発症し、数年後には、動脈硬化からプチ脳梗塞を発症(汗)。

②薄毛(ハゲ)の悩みも多く、私も半年前に、薄毛(ハゲ)の悩みが頂点に達しました。

もっとみる

ステロイドの副作用予防のため、飲んでいた薬たち。

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgの服用をスタートしたわたし。

治療は順調で、
服用から2ヶ月後には、17.5mgまで減量しました。

ステロイドには様々な副作用があり、
それを抑えるための薬も複数飲んでいたのですが。

今回はそのうちのある薬を服用するにあたり、
親知らずの抜歯をした話です。

治療のためのステロイド服用と並行して、
当初は下記の薬を服用していました。

眼圧上昇の副

もっとみる

順調なステロイド減量と、出始める副作用。

高安動脈炎の治療のため、
ステロイド30mgから服用を開始したわたし。

服用後10日ほどで寛解状態となり、
1ヶ月後から減量を開始しました。

まずは5mg減らして25mg。

減量初日は体調不良で不安になったものの、
次の日からは特に問題も無く、2週間後に診察日を迎えました。

血液検査の結果も問題無し。

ということで、
さらに20mgに減量することに。

その後も経過は良好で、
その2週間

もっとみる

初のステロイド減量、30mgから25mgで起きた変化。

高安動脈炎により、
検査と治療のために1ヶ月ほど入院していたわたし。

30mgのステロイドを服用して10日ほどで、
無事に症状が収まる、寛解状態となりました。

そして、退院後初めての診察。

ステロイドの服用を始めてから、
ちょうど1ヶ月後の診察でした。

血液検査の結果は良好。

高安動脈炎の自覚症状も無くなって、
さっそくステロイドの減量をすることになりました。

まずは、30mgから25

もっとみる

高安動脈炎と始まる、お仕事生活

高安動脈炎により、
検査と治療のために1ヶ月ほど入院していたわたし。

ステロイド治療で症状は収まり、
退院して2日後からは出社を予定していました。

入院していた1ヶ月のうち、
寝たきりだったのは最初の1週間くらいだったものの、
運動といえば、基本的に病院内の移動だけ。

そうなると、心配なのが体力です。

退院する前から少しずつ、
院内を散歩するようにしていましたが、
退院して家に帰るだけでも

もっとみる