2018年のNEM,COMSA,mijinの動向

まず初めに、こちらのツイートをご覧ください!

このツイートに添付されているブログには「テックビューロ代表朝山貴生より新年のご挨拶」とタイトルがあり、テックビューロの生い立ちから2018年のミッションまで様々なことが書かれています。
朝山社長はブロックチェーン推進協会BCCCの代表副理事や、日本仮想通貨事業者協会JCBAの理事、NEM財団の理事に就任している実力者で聡明な方です。

2016年のエ

もっとみる

2017年を写真で振り返るVol.4-秋から冬にかけて-

北海道の左上にある遠別町では9月に入ればもう秋。肌寒くなるとともに夕陽が綺麗に見える時。寒さと比例するように、写真の撮影枚数もみるみる落ちていく。

9月4日、夕陽を見つけて漁港をふらふら移動しながら撮影。

同じ日の夕陽でも全く違う印象。

翌日も良い夕焼けの日だった。

龍の頭のような流木と、龍の口のような雲。

と、はしゃぐ僕。

9月23日、中川町森のマーケット。スラックライン・野外イベン

もっとみる

2017年を写真で振り返るVol.3-初夏から夏の終わりにかけて

5月下旬から、旅雑誌のグルメ撮影を引き受けることが増えて写真との向き合い方が少しだけ変化する。これまでもウェディングやポートレートを撮ることはあったが、ある程度のルールやマニュアルのもと好きなように撮っていることがほとんどであったがいわゆる<ブツ撮り>を仕事として引き受けるようになると好きなように撮ることよりも美味しそうに、綺麗に、見栄え良く、という思考が必要になった。

そんな気持ちを持ち始めて

もっとみる

2017年を写真で振り返るVol.2-春から初夏-

一気にすすむ春の宴会においていかれないように、常にスプリットステップな心持ちで過ごす日々。一年の中で一番趣味の撮影が楽しい季節。

春が深まり、初夏へ

4月5日、エゾノリュウキンカ、水芭蕉にはじまり雪解けと野花の撮影が多い時期。

日に照らされてキラキラと光る水辺は新たなスタートを感じさせてくれて、毎年気持ちを高揚させてくれる大切な起爆剤。

4月12日、雪解けがつくる水鏡と夕陽。

土が見え始

もっとみる
明日よいことありますように🙆‍♂️🙆‍♂️🙆‍♂️
2

2017年を写真で振り返るVol.1-年明けから春のはじまり-

2017年2月にブログを休止した。それ以降に関してはFacebookであったりtwitterでブツブツとつぶやく程度にしか活動の記録を残していなかった。ほぼ毎日カメラは持ち歩いているのでカメラで撮影した記録とカレンダーの記録が今年一年の活動を示してくれる。

気づけば2017年も残すところあと数日でさよならするわけで、なんとなく振り返っておく必要があるように思えたのでここに残しておく。

年明け、

もっとみる

幸福度をスマートウォッチで計測、MITの研究チーム

「幸福度」をスマートウォッチで計測、MITの研究チーム

幸福になることは多くの人にとって、人生最大の関心事の一つだ。しかし、幸福について研究しようとすると、いかにして幸福の度合いを測定するかということが問題になる。マサチューセッツ工科大学の研究チームは、スマートウォッチを使って幸福度を測定する方法を考え出した。
21世紀に生きる私たちにとって重要な課題の一つは、幸福になる方法を見つけることである

もっとみる

最終章〜稀勢の里の奇跡〜(3216字)

稀勢の里(12勝2敗)と、照ノ富士(13勝1敗)の一番は結びの一番の一つ前に組まれた。

照ノ富士が勝てば、照ノ富士の優勝。

稀勢の里が勝てば、優勝決定戦に。

優勝決定戦での勝者が、優勝。

照ノ富士はとにかく一勝すれば優勝できる。一敗の猶予がある。

一方稀勢の里は2連勝が優勝への道しかない。一敗も許されない。

好角家の間では昨日の結果も踏まえて、照ノ富士有利の声が大半を占めていた。

もっとみる

国立西洋美術館の企画展「シャセリオー展」は行くべし

美術館に行くことは決めたけど、何を見るのかも決めずにふらりと上野の森へ
2館ぐらい回れるだろうと、チケットブースで悩んだ挙句にポスターの印象だけできめた。
国立西洋美術館のシャセリオー展
申し訳ないけど、この時期の企画展ではNo.1と言ってもいいでしょ
その次に行った東京都美術館のティツィアーノとヴェネツィア派展がかすんでしまった。少しだけしか知識がなくって…とか、あまり絵を見たことないって人にも

もっとみる

流れ弾には気を付けて――銃社会アメリカの現実

明日からアメリカに行く。それは大きなことではないが、驚いたのはチケットを取ってからのこの数週間、在米日本大使館から毎日メールが送られてきて、その内容の多くがアメリカで起きている空港やレストランでの銃乱射事件に関する内容だったことである。

メールには「発砲事件に巻き込まれないように気を付けてください」とさらりと書いてあるが、これはかなり難しい。無差別に飛んでくる銃弾をかわせというのだろうか? 訓練

もっとみる