CSharp

C#の任意ソートの話

今日はあまりコーディングしてたわけではないのでちょっとだけ
List<int>を訳ありでちょっと特別なルールでソートしたかった(できればスマートに)話,,,,

今回準備されたリストは正数(0~34),負数(-1~-28)が混ざっておりました.それを以下のようなイメージで正数,負数を分けて,なおかつ正数は昇順,負数は降順にソートしてくっつけたい...みたいなね

[0,1,2,3,.......3

もっとみる

LINQを効率よく利用する話

今日も今日とてC#でソフト開発

LINQってめちゃくちゃ便利でスマートでイケメンですよね。
リスト操作とかついついLINQで一行で書こうと無駄にがんばってしまう。
forループを使わずに処理をかけたときの達成感はその日の仕事の疲れが吹き飛ぶレベル。

でもLINQは結構癖があるから使い方には細心の注意を払わなければいけません、、、と今日先輩に注意されました、、、涙
そんでもってついでにいろいろ教

もっとみる

サイコロ・イン・ホロレンズ

HoloLensのアプリを作ってみた。

HoloLens 2が9月に発売されるという情報が1ヶ月ほど前に流れていて、HoloLens 2が出る前にHoloLens (1st gen)でなにか作るしかないと思って作りはじめた。Unity、C#は未経験だし、それ以外もはじめてのことだらけで、あらゆる工程で行き詰まって毎週末まいってたけど、いいきっかけになった。

サイコロの基本は立方体の剛体シミュレ

もっとみる
ありがとうございます!

「.NET Core 3.0」正式版が登場。Windowsデスクトップアプリ開発可能、exeファイルを生成、マイクロサービス対応など
https://www.publickey1.jp/blog/19/net_core_30windowsexe.html

メール送信機能(C#)

.Net Framework (C#)とMailKitを使って、メール送信機能の開発方法を解説しました。

もっとみる
モチベーションあがります!!

【ABC140】C# で 問題D

▼ この記事のマガジン ▼

▼ この記事のコンテスト ▼

はじめに

「AtCoder Beginner Contest 140」の問題D を解いた記録記事です。

試験時間中には正解することができず、終了後にACを出せました。

問題

・入力:人数N、操作回数K、一列に並ぶ人々の向きS
・1回の操作で好きな範囲の人々の向きを変える
・目の前の人が自分と同じ方向を向いていれば幸福
・出力:同

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

【ABC140】C# で 問題C

▼ この記事のマガジン ▼

▼ この記事のコンテスト ▼

はじめに

「AtCoder Beginner Contest 140」の問題Cを解いた記録記事です。

リアルタイムでの受験です。

問題

・入力:整数列Aの長さN、整数列B1~B(N-1)
・Bi≧max(Ai, A(i+1))
・出力:A1~ANの総和の最大値

提出

以下は、初回提出時のものです。

Bi ≧ max(Ai,

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

【ABC140】C# で 問題B

▼ この記事のマガジン ▼

▼ この記事のコンテスト ▼

はじめに

「AtCoder Beginner Contest 140」の問題Bを解いた記録記事です。

リアルタイムでの受験です。

問題

・入力①:料理の数N、注文A1~AN、各料理の満足度B1~BN
・入力②:料理iの次に料理i+1を食べると満足度Ciを得る
・全料理を一度ずつ食べる
・出力:満足度の合計

提出

■ 提出 ■

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

【ABC137】C# で 問題A

▼ この記事のマガジン ▼

▼ この記事のコンテスト ▼

はじめに

C# で「AtCoder Beginner Contest 137」の問題Aを解いた記録記事です。

遅刻受験(過去問)です。

問題

・入力:整数A、B
・出力:A+B、A-B、A*Bの中の最大

提出

■ 提出① ■

初回提出時のものです。こちらをベースに記載していきます。

■ 提出② ■

一部改善したものが以

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

Azure API Management で Firebase のJWT を Validation

AzureどころかHTTP?クラウド?もはてなマークいっぱいのおっさんです。

最近Azure Functionsを試してみました。VSのテンプレをビルド&デプロイしただけでもう天才ハッカーになれた気分です。さてこのFunctionsは、Azure API Management(以下APIM)というサービスと連携させることでさらに便利になるらしいです。らしいというのは実務でまったく使ったことがない

もっとみる