初デートがSMバー❤️

昨日は友人2人がお店に遊びに来てくれました🌝

これまで
色んな友人たちが遊びに来てくれたんだけど
口コミ効果か?
一番来なさそうな2人が来てくれたww
いやはや、こげん早く遊びにきてくれるとは〜w

しかも意外な組み合わせの男2人組
初デートがSMバーww
うける!

たまにいるんですけどね
中にはその日が初対面でその足で店に遊びにくるお客様たちもww
ある意味、一気に距離が近づく効果もあると

もっとみる

覚醒

「お久しぶり。」
背後から気色の悪い声に肩を叩かれました。
こういう時の嫌な予感はもはや予感の範疇を超えて逃れられぬ現実となります。
振り向けばそこには、一度見れば絶対忘れないほどに醜悪な男。幼馴染の男でした。

女は思わず歪みそうになる顔を真顔に保つのに必死です。男はそんな黙ったままの女にジメッとした分厚い手を差し出してきました。
まぁ、ただの挨拶にわざわざ握手を求める奴があるでしょうか。その

もっとみる

私の思うSMとは

皆さんの思うSMとはどういったものでしょうか?
S=加虐的行為によって性的興奮を覚える人
M=加虐されることによって性的興奮を覚える人

大体はこんなイメージではないでしょうか?
加虐的行為を是とした性行為、大雑把に言ってしまえばこうかもしれません。
加虐的行為にも様々なものがあって、言葉責め、精神責め、本当に肉体にダメージを与えるようなものまで様々な責め方があります。

そしてその責め方も人によ

もっとみる

SとかMとか

昨今のTwitterでは「裏垢」というものがありまして、そんな界隈にS女としてちまちま顔を出すようになりました。
そこで遭遇することが多いのが

「やたらと自分の性器に自信を持っており、隙あらばそれをアピールしてこようとする人」

「自分のしたいプレイを並べたて、こちらの意見を求めずに関係を持とうと一気に距離を詰めようとしてくる人」

厄介ですね。
私としては今はありがたいことにパートナーがいます

もっとみる

ケインとフィギングといろいろと(3回目のSMプレイ雑記)

行ってきました3回目。前回のプレイから約1ヶ月。その間に実は別の女風で性感マッサージ(Sッ気強め)を受けてとても良かったのだけれど、私が好きなのはやっぱりSM、求めているのはSッ気じゃなくガチのSです!!と再確認してしまい今回のプレイに至る。今回も時系列無視の雑記スタイルです。

ケインの話
前回のプレイ後ケインを入手したと聞いていて、今回は何しますか?と聞かれ「ケインで泣かされたいです!!」と即

もっとみる

⭐️4話・麻里子の肉玩具:『美少年マゾ地獄〜女体化処刑クリニック』

⚠️宣伝目的の♡はやめてください!
⚠️お楽しみいただくために、必ず「プロローグ」から順にお読みください。

【お知らせ】
☆pixivFANBOX「継続支援者優待コード」発行中
pixivFANBOXで500円/月以上の支援プランを1年間継続すると、継続支援者限定「スペシャルコンテンツ」をお楽しみいただけます。
※本作品もpixivFANBOXでお読みいただけます。



⚠️いかなる理由でも

もっとみる

第20話 (第6部)

大分更新が遅れてしまいました。

申し訳ありません。

今回の話は、少し意外なとこになっています。

ぜひご購読ください。

貢ぎを命令されてから、私はこれまでの経緯を少しずつnoteにて発信していきました。

それと同時に気づくのです。

もっとみる

まじわるDAYS

■着いたよ
当時私は、昼はアパレル店員、夜はキャバ嬢、夕方に予備校、という超多忙人間でした。
予備校講師にキャバクラに勤めているのがばれないように、髪の毛はベリーショートに切っており、お世辞にも女の子らしいとは言えない身なりをしていました。
彼に会うにあたって私が選んだ服装は、今でも昨日の事のように思い出せます。

・襟付きの白い胸元が少し空いているラフなシャツ
・白地のクラッシュスキニーデニム(

もっとみる

つながるDAYS

■初めての出会いは掲示板でした
何から書こうか迷ったのですが、初めてのマスターの話から、徐々に書こうと思います。
初めてのマスターとの出会いは、学校の掲示板でした。
昔駅とかによくあった、”待ち合わせ掲示板”みたいなあんなやつ。
私の通う予備校の、休講情報等々に利用されていた”掲示板が、彼との出会いでした。
私は当時とりあえず予備校に通っていたものの、成績の伸びに悩んでおり、誰かにそれを共有したく

もっとみる

いんとろだくしょん

■私と わたしと ワタシの おはなし
私とSMがどうやって結びついたのか。
私を形成しているモノは何なのか。
自分を紐解くための、ただの自己満noteです。

■忘れられない、二人の主へ捧げるレクイエム
私には生涯忘れられない二人の主がいます。
ちょっとだけ吐き出すことできっとまんぞくできるはず。
私の唾をどうか飲み込んで欲しい。

■そんな私の わたしの ワタシの 物語
不定期で更新していきます

もっとみる