年収の決まり方を考えたら、3つの要素で決まりそうと思った話

こんばんわ。
この時期は転職市場が盛り上がったり新卒採用が本格化したりするので人材業界の広告出稿なども多くなります。

「あなたの年収査定します」
「あなたの市場価値は本当は◯◯です」
のような謳い文句があると、ついつい自分の年収って妥当なのかな?と聞いてみたくなりますよね。(今はさすがにないですが、若手の頃は気になりましたね)


ただ残念ですが、
年収は偏差値のように平均点がありそこからの差分で決まる仕組みになっていません

むしろ市場価値や適性年収はどう判断するのか?という軸がないといえばないものです。だいたいの相場はこのくらい?と非常にアバウトなものでしかないことがほとんど。

ただ年収はやはり働く人にとっての関心ごとの1つだと思うので、給与が決まる要素は何があるかを考えてみました。

この続きをみるには

この続き:2,772文字
記事を購入する

年収の決まり方を考えたら、3つの要素で決まりそうと思った話

石倉秀明@キャスター

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」嬉しいです!ありがとうございます!
23

人口減少時代の人材ビジネス論

労働人口減少、働き方の多様化、組織形態の複雑化など雇用や働き方をめぐる動きが大きな変化をしている中で、人材ビジネスと呼ばれる業界の変化が遅い。この時代、さらに未来に向けて必要とされる人材ビジネスとは?何かを考えて綴るnoteです
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。