日本を救うのは、99.7%の社長だと思う。

昨年の10月に社長になってから9ヶ月くらいが経つ。
それはまでは専務で、いや、どちらかというと息子だった僕は、
財政のことには無頓着だったと今は思う。
家族経営のいけないところ。ちゃんとしてると思い込んでしまうんだから。
しかし、いざ代表になって財政のことを細かく見ていくと、
できることが山程あることに気づいた。
間違った処理をしていることにも。
それから9ヶ月。
財政の基盤を正して、借金の返済プ

もっとみる

給与に対する納得感は独立して働いている今が一番高い

日本でもインドネシアでも会社員として働いていた時に、給与に対する納得度が高かった経験がありませんでした。残念ながら。

給与の問題って難しいですよね。自分に限らず、世の中の多くの人は大なり小なり給与(大きく括ると評価)の問題で不満を持っているので。

その証拠に、エン・ジャパンさんが実施したアンケートでも退職のきっかけは給与への不満が1位になっています。

日本でもらっていた給与に対しての不満

もっとみる

ベトナム所得税対策公開します‼

以前にもお伝えしましたが、ベトナムは所得税が高いのです。

国の所得税税収の70%以上は我々外国人から搾取しており、更に外国人強制保険を適用し始めて新たな搾取をしております。

そして、当然ながら我々外国人は搾取されるだけされて何の見返りもありません!!

さずがベトナムです‼笑

途上国は外資の投資による経済発展では豊かになり、更なる発展をする為に多額の税収を見込める外国人から(金取ってやろーぜ

もっとみる

株式会社ペイミーが7億円の第三者割当増資を実施(2019年7月8日)

資金調達情報

調達額:7億円

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資

調達先:株式会社ミクシィ
    株式会社サイバーエージェント
    インキュベイトファンド株式会社

調達年月日:2019年7月8日

企業情報

企業名:株式会社ペイミー

住所:東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ822

事業内容:フィンテックを活用した給与即日払いサービス「Payme」を提供

設立年月日

もっとみる

給与制度の方向性とは?【 体系4分類・ピアボーナスなど 】

【 昇給なき時代の給与は4タイプ あなたが選ぶべきは・・】(日経スタイルの記事より)

♦ 記事の概略

1 記事の目的

 働き方改革の中で、給与制度の見直しが個々の企業で行われている。改革の現場で起きている給与制度の4つの方向性について説明しよう、という内容です。

2 業種に合う給与体系の説明(4分類)

① 売り上げや市場シェアの拡大が常に求められているビジネスには、流行りのインセンティブ

もっとみる

私、●●のために戦っていたんだ。

復職して以来ずっと「歯を食いしばって」仕事をしている感じがありました。時短で時間が足りないから?トラブルが多いから?人が足りないから?など、まぁ、どれもこれも理由なのでしょうが、なんとなくピンとこないまま。しかし、今朝、とある本を読んでいて「これだーー!」と腑に落ちました。

◾︎私、「信頼」のために戦っていたんだ。

4月から私が担当している海外人事という仕事について、以前こちらのnoteで少し

もっとみる

【訂正】デタラメ記事で公務員不当バッシング、「ジャーナリスト」若林亜紀の間違いを示す

とつげき東北です。
超すみません。伏して謝ります。

先日アップしたこの記事、「前年の夏のボーナスに関する記事」を引っ張ってきてしまっていました。
誤りを正そうとした私の方が間違っていたということで、本当に申し訳ありませんでした。
若林亜紀氏、読者諸賢、関係者各位にお詫びいたします。

恥ずかしい過去として、前の記事は戒めに残しておきます。
その上で改めて「本当の今年版」にツッコミます。

ポイン

もっとみる

給与テーブルがモチベーションじゃなくなるとき

おはようございます、Rieです。

 会社勤めであれば、給与テーブルって気になりませんか。

 私は何度となく見ていました。次に「S」評価がもらえたら給料〇円アップ…年に1回しかない昇給。そしてその期待が外れた時のやるせなさと言ったら。

 あなたの頑張りが足りなかったから、給与は感謝の量に比例すると言われてしまえばそれまで。お金がすべてではないけど、昇給は一種のモチベーション。

 入社したての

もっとみる

くら寿司「新卒年収1000万円」に慌てふためく人は、日本的経営に毒され過ぎている ―給与は何で決まるか?―

先月末(5月31日)に流れた、くら寿司が新卒で年収1000万円の幹部候補生を採用するというニュースには大きな関心が寄せられた。その反響は、好意的なモノもあれば、批判的なモノもあったが、社会に与えた衝撃は大きく「くら寿司にとって、非常に安い宣伝広告になった」と評する人もいた。某ニュースサイトでは、この騒動にかこつけて、特別討論番組まで企画していた。

30年以上、大きな変化がないと言われる、日本の大

もっとみる

給料を支払わないという事実がまかり通る実態って何?

対象者の7%が無給だったという実態が文部科学省調査で明らかになったという。

#COMEMO #NIKKEI

おかしいというレベルを通り越した数だと思う。
7%という数字は例外とか、偶発的に発生したなどと考えて良いものではない。
つまり、何かしらの根深い理由があり、無給で働かせるという状態がまかり通ってしまっていたことを表す。

もちろん、普通に考えたら大学病院が悪いという話になるのだが、全てを

もっとみる