Yasutoshi Murakawa

Green Lies

□タイトル『Green Lies』

登場人物

浜田 千晶(17) 高校三年A組
佐藤 真由(17) 高校三年A組
千田 美紗(17) 高校三年A組
石川優里子(17) 高校三年B組
木島 加奈(17) 高校三年B組

○都立青島高校・A組教室

夏服姿の浜田千晶(17)が、四葉のクローバーが押し花された、しおりを見詰めている。
千晶「……」
佐藤真由(17)、千田美紗(17)と共に、居残り掃除

もっとみる

青々

この記事は、月刊『シナリオ』7月号(2016年)に掲載されたものです。

 最近、特に青臭い。シナリオ講座生時代、「人間を描け」と、口煩く言われた。僕は、人を開腹して、臓物を曝き出す様な真似の、何処が面白いのかと、聞き流していた。しかし、脚本でメシを喰うようになって、ようやく最近、その意味を肌で判り始めた気がする。要は、「興味深い人物」を描かなければ、作品が面白くならないのだ。曝き出せれば上出来で

もっとみる

故郷と案山子

この記事は、月刊『ドラマ』6月号(2016年)に掲載されたものです。

 現在、昼ドラ『サギ師リリ子』以来、お世話になっている、児玉宜久監督と、福井県を舞台にした映画の脚本を創っている。

 福井には豊かな自然があり、長い歴史と文化がある。何より、人が良く、第二の故郷にしたい程の思い入れを抱いている。

 脚本は、緻密にハコを精査し、ようやく初稿を上げた所である。今後の取材や打ち合わせで、作品をど

もっとみる

映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』

※このnoteは、月刊『シナリオ』2015年5月号「シナリオ作家通信」に掲載されたものです。

『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』が4月4日から全国公開される。

 映画は「ソフトテニスの映画を作りたい」と云う、戸島正浩Pの情熱から始まった。脚本の依頼は、東日本大震災の復興支援で交流のあった、井上春生監督から頂いた。

 最初の打ち合わせで、磯貝誠Pから「亜季と珠子を、映画『最強のふたり

もっとみる

アイアンガール ULTIMATE WEAPON

この原稿は『月刊シナリオ』2015年2月号に掲載されたものです。

『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』を脚本した。

1月17日より、全国で順次公開される。

 ストーリー案決定までには、様々なアイディアが挙がっては消え、多くの時間を要した。

 「マカロニ・ウエスタンで行こう!」元信克則プロデューサーが路線を掲げてからは、早かった。第一稿を上げて以降、大幅な変更もなく、実際に撮影

もっとみる