よいKPIを考えるうえで重要なこと

こんにちはHikaru Kashidaです。
表題について、普段から考えていたことを適当に書きました。


こちらの記事は⬇の有料マガジンにも入っています。
もしよろしければ、そちらの購入の方がオススメかもしれません。

[記事単品で買うよりもマガジンのほうがオススメな点]
・この記事以外にも複数の有料記事を読めます。
・今後公開する新しい有料記事も追加購入なしで読めます

1 / Visionary

よく設計されたKPIとは、サービス/プロダクトを作るチームにとって一種の「Vision」になっていなければなりません。

KPIとは「願い」だ

そもそもKPIとは何なんだろう?と考える時、僕は「漫画キングダム」のこのシーンを思い浮かべます。

これは、国内屈指の法の専門家とされている李氏に対して、昌文君が「法とは一体何なのだ」と詰め寄ったときに、李氏が毅然として答えを放った一コマです。

キングダム 494話 地下牢の賢人より


"法"とは願い!
国家がその国民に臨む人間の在り方の理想を形にしたものだ!

しびれますね。
しかし、翻って考えてみると、これはKPIについて考えるときも全く同じではないでしょうか。

KPIとは「僕たちのプロダクトはこのような形であってほしい」という願いを、数値で表現したものであるべきです。そうでなければその目標を、チーム全員の貴重な人生を費やして追う意味はありません。

近い考え方が Taka Umedaさんの次の記事でも語られています。

Linkedin では PV ではなく「プロフィールページの PV」をメトリクスとしておいていました。これはタレントを探すサービスだからプロフィールを見る数が本当に使っているユーザー数になるはずだからそう設定した、と Josh は言っており、そこには Linkedin というサービスの本来のビジョンを感じます。

同様に Medium では Total Time of Reading がメトリクスであるのは、彼らのプロダクトのビジョン — we want people to write, and others to read, great posts — に直結している問題です。

....端的にそれぞれの会社のプロダクトの特徴を知りたいときに中の人に聞くべき質問は「御社の独自のメトリクスは何ですか?」なのかもしれません。そこにはプロダクトのビジョンが反映されているはずなので。


チーム内のコンセンサスと浸透

KPIがチームにとっての「ビジョン」の一種だと仮定すると、そこには次のふたつの要素が不可欠になるはずです。

この続きをみるには

この続き:3,305文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
様々なものごとを分析し、思索したエッセンスを、なるべくわかりやすい表現と図表を用いて紹介していきます。長文多め。本を一冊買ったくらいの気持ちで購入できる価格にさせていただいてます。 累計250部以上売れています〜!

メルカリのデータアナリストチームのヘッドHikaru Kashida https://twitter.com/hik0107 が、分...

または、記事単体で購入する

よいKPIを考えるうえで重要なこと

樫田光 | Hikaru Kashida

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださってありがとうございます。 サポートいただいたお代は、執筆時に使っている近所のお気に入りのカフェへのお布施にさせていただきます。

よければ他の記事も読んでね!
252

社会人に必須の「データ分析・KPIの最先端」を読む

メルカリのデータアナリストチームのヘッドHikaru Kashida https://twitter.com/hik0107 が、分析を中心に思ったこと徒然について書いていきます。長文・図表多め。
13つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。