『データ分析』という言葉の解像度を上げる『3×2』の考え方を君にだけ教えよう

こんにちはHikaru Kashidaです。

"データ分析"というのは、非常にいろんな場面に使えるな〜、と常々思っているのですが、その反面あれもこれも同じように『データ分析』と呼ばれていて、言葉として解像度が低いよなあと思うことも増えてきています。

この記事ではそんな、『データ分析』というかわいそうな便利ワードの解像度を少しあげられるかもしれない考え方をお教えします。

読んだ方から頂いた反応

序文. あなたが痩せたいとして

突然ですが、「痩せたい」と思ったことはありませんか?
ぼくは社会人になってから痩せたいと思うことは多いです。しかし、なかなか痩せるって難しいですよね。

世の中には本当に様々なダイエット方法が溢れている...

ぼくもいろんなことを試したことがあります。

小麦を全く取らない生活をしてみたり、晩御飯を抜いてみたり、ジムを契約して3回だけ行ってそこから1年間全く使わずに会費を払うという、スポートジムに対しての慈善事業をやってみたり。

さて、そういったダイエット・メソドロジーはさておき、データアナリストという職業の立場からいうと「再現性のある」やり方で体重をコントロールしたいと思ったら、僕は次のような3つのやり方が良いのではないかと考える気がします。

考え方はビジネスにおいても同じ

① 知る => ② わかる => ③ 変える 

なぜ、ダイエットの話なのにこんなかっちり目のフレームワークっぽいのを持ち出したかというと、「それってビジネスでも同じですよね」という話に無理やり持っていきたかったからです。

単にビジネス目線でいきなりこの話をするよりも、「ダイエット」みたいなカジュアルな話題から入って本題につなげていけた方がカッコいいかなあ、という下心です。

それはともかく、ビジネスの現場においてこの3つのステップはすごく重要だと考えていて、これを愚直にちゃんと行えるかどうかが中長期的に見たときに成果に大きく跳ね返ってくるんじゃないかなあ、と思っています。


まずは何をおいても「知ること=現状理解」が大切ですよね。

自分たちのビジネスはいい感じなのか?いい感じでないとすれば、どれくらいまずい状況なのか?

自分の体重/BMI指数を知らないと痩せるも痩せないも無い、というのは万人が賛同してくれるのではないかと思います。

これは21世紀に生きる人類の最低限の規範となる考え方だと断じて良いでしょう。(言い過ぎか)


ほんで、その次に来るのが『わかる』のステップ。
これは『現状・及び目的との因果の把握』とも言えるかもしれません。

なぜ自分は今太っているのか、どういうことをすれば効率よく体重が落ちるのか。もしくは、こういう痩せ方をすると、体を壊しやすくなる、など。

そういった自分の体についての理解を深めれば、効果的・健康的に痩せられるというものです。

ビジネスにおいても、ちゃんと自社の売り上げだったりユーザのロイヤリティを構造的に理解しておいて、どのようなドライバーを押せば期待しているKGIが適切にUp出来るのかを把握するのは超大事ですよね。


ココまで来て最後に、『実際に変える』フェーズになります。

『知ったこと』と『わかったこと』をもとにして、筋トレするなり、リンゴをひたすら食べるなり、ダイエットの道を突っ走るのみです。単に行動するだけではなく、ちゃんと思ったとおりの効果が出ているか、適宜確認しながらサイクルを回すことが大事ですよね。

これはまさにビジネスで言うところのPDCAサイクルです。

データ分析の役割

さて、そんな感じでこの3つのステップが、ビジネスを回していく上でもとっても大切だと僕は思うのですが、

① 知る => ② わかる => ③ 変える 

実は『データ分析』という武器は、この3ステップのいずれに於いても、(上手く使えば)かなり役に立ちます。

この続きをみるには

この続き:3,435文字/画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
様々なものごとを分析し、思索したエッセンスを、なるべくわかりやすい表現と図表を用いて紹介していきます。長文多め。本を一冊買ったくらいの気持ちで購入できる価格にさせていただいてます。 累計300部以上売れています〜!

メルカリのデータアナリストチームのヘッドHikaru Kashida https://twitter.com/hik0107 が、分...

または、記事単体で購入する

『データ分析』という言葉の解像度を上げる『3×2』の考え方を君にだけ教えよう

樫田光 | Hikaru Kashida

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださってありがとうございます。 サポートいただいたお代は、執筆時に使っている近所のお気に入りのカフェへのお布施にさせていただきます。

よければシェアよろしくお願いします!
374

社会人に必須の「データ分析・KPIの最先端」を読む

メルカリのデータアナリストチームのヘッドHikaru Kashida https://twitter.com/hik0107 が、分析を中心に思ったこと徒然について書いていきます。長文・図表多め。
16つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。