松井 洸

月間PV22万のブログ「リハ塾」にてセラピスト向けに情報発信中。 リハ塾オンラインサロン運営/その他執筆活動もおこなっている。 オンラインコーチはこちら→http://riha-axis.com/online-coach/

頚部と前庭脊髄路の関係

リハ塾の松井です!

昨日に引き続き、頚部のお話です。
頚部を評価、介入する理由として、前庭脊髄路が関与していることがあると考えています。

この前庭脊髄路によって、姿勢・運動制御に関わる、神経系、骨関節系にも変化が生じます。

前庭脊髄路って何なのか、それによってどんな影響があるのかを解説します。

難しいイメージの頚部を評価する方法

リハ塾の松井です!

頚部って大事なのは分かるけど、何となく触るのが怖いイメージがして、臨床ではあまり考えないようにしていませんか?

ですが、頚部は身体においてはかなり重要な部位で、整形疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、どれであっても関与する可能性のある部分です。

それだけに、頚部について評価、介入できることは必要なことです。

今回は頚部を評価するためのポイントについて解説します。

膝へ影響を与える運動連鎖の応用

皆さん、運動連鎖はご存知ですよね!
でもそれをどう臨床に活かしたらいいのかわからないという方も多いのでは?
膝の視点から見た運動連鎖の応用をお伝えします。

膝関節において超重要なハムストリングスの解剖と触診

火曜日ライターの松井です!

先日は地域の夏祭りがありまして、いつもは閑散としてる田舎の街中も少し賑わっていました。
祭りというと、屋台で必ずベビーカステラを買います!
倉田商店という青い船のロゴが目印のベビーカステラが僕も嫁も大好きで、そこ以外のは買わないくらいです!

石川県、富山県のお祭りでは必ず出ていますが、同じ北陸の福井県とかはどうなのかな?
北陸以外の地域でも出ているのかは不明ですが、

もっとみる

アナトミートレインを利用した運動のコツ

リハ塾の松井です!

以前にもアナトミートレインについて少し触れましたが、運動を考える上でとても有用な概念で、私もよく使ってます。

肩甲骨の可動性を決定する4つの要素

リハ塾の松井です!

今回は、肩関節運動には必須の肩甲胸郭関節の可動性のポイントについて解説します。

上腕骨が動くことも必須ですが、上腕骨と肩甲骨が肩関節を構成しているため、肩甲骨の可動性も必ず必要な要素の1つです。

肩甲骨が動かないと、上腕骨だけが動きすぎるため、過可動性を抑制しようとする代償の結果、肩周囲筋に過緊張が起こったりします。
それが、肩関節運動を阻害する要素となり、結果的に疼痛に

もっとみる