見出し画像

お仕事紹介:写仏ぬり絵本のぬり絵&カバー(ダイヤモンド社)#001

今後定期的に、私のイラストや文章の仕事について、一件ごとにまとめてみようと思います。主にお仕事をいただいた経緯や、どんなふうにお仕事が進んで行ったか、どう感じたかといった内容です。

私の仕事については以下にざっくりとまとめてありますが、なかなか書き切れないこともあります。

これを機に、私自身も振り返って新たな発見があったり、忘れていたことを思い出せたりしたらいいな、と思います。

デビュー作「やさしい写仏ぬり絵帖」

現在の私の画風からは想像できませんが、私のデビュー作はとっても「渋い」ものでした。

画像1


編集プロダクションとは

2006年に出たこの本は、私のイラストレーターとしてのデビュー作であると同時に、著者としてのデビュー作でもあります。私の名前の前に記載されている造事務所さんは、池袋にある編集プロダクションです。

この本はダイヤモンド社の本で、ダイヤモンド社から出版・販売されています。編集プロダクションとは、本の編集制作・販売のうち、編集のみを行う会社のこと。テレビ番組でいえば、テレビ局と制作プロダクションのような関係です。

つまり、この本は編集をした造事務所さんと私の共著として、ダイヤモンド社さんから出版された本です。


お仕事をいただいた経緯


ダイヤモンド社さんと造事務所さんからは、この前に「写経の練習帖」が出ておりました。これは結構売れたそうで。実は私も買って持っていたんです。それで、造事務所の編集さんと知り合った際にそんな話をして。

数年前にもぬり絵ブームがありましたが、2006年も空前のぬり絵ブームでした。そこで、満を持して組まれたのがこの「写仏ぬり絵」企画。これにこのド新人を抜擢されるとは。。。。今思い出してもありがたい話です。


お気に入りイラスト「観音菩薩」「文殊菩薩」「普賢菩薩」


当時は、面相筆で細かい絵を描いていたので、こんな絵も面相でチャチャッと描けたんです。これは観音菩薩。

画像2

これはこれで素晴らしいけれど(編集さん談(笑))、色を塗るのは厳しいということで、本番は、もう少しシンプルな感じになりました。

画像3

これは文殊菩薩。「文殊の知恵も・・・」のことわざにもなっている、とても賢い仏様。右手に剣、左手に経典を持った文武両道な仏様でもあります。獅子の上に乗っているのが特徴。特にお気に入りの1枚。
(最近になって、今のタッチで文殊菩薩を描いたのがキャッチ画像です)

画像4

こちらは普賢菩薩。お釈迦さまは、もともとゴータマ・シッタルダ王子ですから男性ですが、仏像には性別はありません。しかし、前述の文殊菩薩が男性的なのに対し、この普賢菩薩はとても女性的な雰囲気の仏様です。

その雰囲気の通り、女人成仏を説く法華経に登場することから、特に女性の信仰を集めました。合掌して白象に乗るのが一般的です。

文殊菩薩と普賢菩薩は、ともに釈迦如来の脇侍として祀られることが多いとのこと。


出版後の反応~新聞や雑誌に掲載されたこと


このお仕事のあと13年ほどが経ち、いろんなお仕事をさせていただきました。しみじみ、最初のお仕事がダイヤモンド社さんだったって、すごいことだったんだなぁ、新人には身に余る光栄だったなぁ、と思います。

まず、八重洲ブックセンターの目立つ場所に、ドドーンと数十冊が平積みになっているのを見て、「ああ私、この世界でやって行ける」と無謀な確信を抱いてしまいました(笑)(それは大きな間違いでしたが(笑))

当時は本当にぬり絵がブームだったこともあり、なんと、朝日新聞に「ベルバラぬり絵」と一緒に掲載されたり(オスカルさまと一緒に!!(涙))

ああ、池田理代子さんと一緒に名前が載ったよ!アンドレ!!

画像5

あのダヴィンチで紹介されたり!しかも一番最初!!

画像6

ダイヤモンド社さんもこの本には力を入れて下さっていたのか、新聞広告も2回ほど打っていただき、そのたびにコンビニに買いに走りました(笑)


編プロさんとのお仕事の進め方と出版社との関係


お仕事のやり取りは、造事務所の編集さんと行いました。ダイヤモンド社の編集さんも、私のイラスト、特に彩色部分の色遣いがいいと、気に入って下さったと造さんの編集さんから伺って、ホッとしました。

6~7年後にダイヤモンド社の編集さんをFacebookでお見かけしてメッセージを送ったところ「この本はとても気に入っていて、今も自分でも買って、よく友人に贈っています」と言っていただき、感涙!!


2015年に電子書籍化、2019年に新たなお仕事に


2015年には電子書籍化され、Amazonのレビューなどを読むと、老人ホームのイベントなどで活躍してくれているようで、うれしい限りです。

実はこの本については、2019年現在もよくお問い合わせがあり、今年に入って素敵なお仕事に結びつきました。そのお話は、また別の機会に。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
29

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

イラストレーション&文章のお仕事

私のお仕事1件ごとの詳細です。実際のイラストや掲載内容、仕事に結びついたキッカケなど、いろいろ書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。