本を作る

漫画を描く時の要・キャラクターづくり

2009年頃からアメブロで描いていたひよこのマンガが、そこそこ人気が出て、影響力のあるブロガーとして、テレビ出演させていただいたりしました。その後、コミックエッセイの出版を経て、私なりの漫画の描き方や、ブログの盛り上げ方などについて、まとめておこうと思います。

大切なキャラクターづくり

マンガを描くには、キャラクターづくりが一番の要です。魅力的なキャラクターができれば、半分くらい成功したような

もっとみる
ウレシイです♡
27

お仕事紹介:写仏ぬり絵本のぬり絵&カバー(ダイヤモンド社)#001

今後定期的に、私のイラストや文章の仕事について、一件ごとにまとめてみようと思います。主にお仕事をいただいた経緯や、どんなふうにお仕事が進んで行ったか、どう感じたかといった内容です。

私の仕事については以下にざっくりとまとめてありますが、なかなか書き切れないこともあります。

これを機に、私自身も振り返って新たな発見があったり、忘れていたことを思い出せたりしたらいいな、と思います。

デビュー作「

もっとみる
スキありがとうございます♡
29

他人の自費出版物を見て、自分が気をつけようと思ったところ

デザインは金を出して人にやってもらおう

自分の本なので、その人のやりたいものをやりたいふうに作ればいいと思うけど、解像度が適正ではなく画像にジャギーが出ているレベルのものは、さすがにやばい。

私はデザインに興味はあるけどセンスもノウハウも素人以下なので、その向上にリソースを割くよりはお金を払って人に体裁を整えてもらった方がいいなという結論。

その代わり、版下は自分できちんと作ろう

幸いIn

もっとみる

出版社や編集者や本屋は必要なのか

というようなことを常々考えていて、個人的な結論としては、「必要」ということになる。
ただ編集者が考えている「編集者としての役割」と、作家が望んでいる「編集者の役割」って、多分もう全然違っちゃっているので、「編集とは何をする人なんだろう?」というあたりから考えないといけない。
その辺のことを考えてる時に、「ほぼ日刊イトイ新聞の本」を読み返した。

ほぼ日のことは、知った10年くらい前からずっと気にな

もっとみる

僕たちのKindle本ができるまで 第一回

本を出版するまでの舞台裏。

2016年6月20日に発売した「noteクリエイターはかく語りき」の舞台裏をnoteで連載していました。

こちらものちほどKindle化する予定ですが、noteでも販売中です。

目次

すべてはここからはじまった
企画の呼びかけ(Twitter)
企画の呼びかけ(note)
まとめ役としてしたこと 会議準備編
第一回目の企画会議

すべてはここからはじまった

もっとみる
この瞬間は、人生で一度しか訪れないんです (^-^)
15